大正時代の人々を魅了した、絵画のような「芸術写真」。

特集

絵画を規範とした芸術写真の黎明と開花。

『唐武と芸術写真の時代』

art-02-201223.jpg

『コンストラクション』1925年、岩手県立美術館寄託。モチーフの意識的な構成には同時代の前衛絵画との関連も見いだせる。

大正期、カメラ人口が急増し、人々が絵画を規範に美的な写真表現を目指した時代、岩手県を代表する写真家として知られた唐武。盛岡で写真館を営みながら、モダンな感覚と巧みな画面構成で何げない風景やモチーフを印象的な場面に昇華させた写真家の軌跡と、神戸の淵上白陽ほか同時代の写真芸術を追う。

『唐武と芸術写真の時代』
会期:2021/1/16~2/14
岩手県立美術館(岩手・盛岡)
営)9時30分~18時
休)月、年末年始
料)一般¥800

●問い合わせ先:
tel: 019-658-1711 
www.ima.or.jp

*『フィガロジャポン』2021年2月号より抜粋

réalisation : CHIE SUMIYOSHI

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。