フランスの名品A to Z 【フランス名品 P】ファッションとして取り入れたい、いまどきパニエ。

Fashion 2019.03.28

世界中で愛される永遠の定番品も、時代の空気をとらえた新作も、いつだってフランス生まれのアイテムは私たちの心をとらえて離さない。ファッションアイテムやインテリア、食など、さまざまなジャンルからフランスの名品を集めてA to Zでご紹介。Pは、春夏にこそもってこいなラフィア素材を使ったパニエ。

【P】Panier/カゴ

AtoZ_P.jpg

左から、レザーを持ち手に使用したバケツ形カゴバッグ(H20×W22×D22cm)¥29,160/アー・ペー・セー(アー・ペー・セー カスタマーサービス ) ラウンドに編み上げた中に持ち手を作り出したミニマムなデザイン。カゴバッグ(H45×W45× D10cm)¥17,820/ル ヴォヤージュ アン パニエ(ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店) A4サイズはもちろんビーチタオルも楽々入るボリューム。カゴバッグ(H35×W57×D15cm)¥4,860/バガテル フランス(ロペ エターナル アトレ恵比寿西館) 

フランスの日用品店やブロカント店には欠かせない「パニエ(panier)」。いまでは夏のファッションの定番バッグとしてポピュラーだが、もともとは18世紀に女性のスカートを美しく広げるために作られた鳥かご(パニエ)状の下着の一種。今年はバケツ形やサークル形などフォルムが特徴的なアイテムや、シンプルなトートにラフィアでひねりを加えたクラフト感あふれるデザインがいち押し。ブランドごとに異なるユニークな発想がダイレクトに伝わるカゴバッグをひとつ、マリンスタイルのおともに。

●問い合わせ先:
アー・ペー・セー カスタマーサービス
tel:03-3710-7033

ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店
tel:03-5909-4675

ロペ エターナル アトレ恵比寿西館
tel:03-5708-5631

190328-atoz-a.jpg

【関連記事】
「フィガロジャポン」2019年5月号「おいしいパリ。」
カゴバッグの魅力をスタイリスト小嶋智子が語ります。
10のカテゴリーで探す、2019年春夏の靴とバッグ。

photo : JOHN CHAN, stylisme : MICHIE SUZUKI, design : SANKAKUSHA

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories