アフター5からのドレスアップ。

Fashion 2019.04.04

光り輝くスカートで、夜の街を浮遊する。

襟付きのポロニットにちびサイズのカーディガン、タイトスカートというオフィスレディの三種の神器。スパンコールがびっしりと縫い付けられたタイトスカートなら、街のネオンに負けない輝きを放つ。

1903xx-after5-01.jpg

カーディガン¥113,400、ニットトップ¥113,400、スカート¥309,960、中にはいたパンツ¥34,560、ベルト¥61,560(すべて予定価格)/以上ミュウミュウ(ミュウミュウ クライアントサービス) ストッキング¥1,080/セシリアデラファエル(ぽこ・あ・ぽこ) パンプス¥117,720/ジャンヴィト ロッシ(ジャンヴィト ロッシ ジャパン)

---fadeinpager---

女友達とのディナーは、イノセントな小物をお供に。

パーティにも着ていける華やかなゴールドのミニドレスには、ざっくりとしたカゴバッグとハイソックスを合わせることで、ラフなムードを漂わせて。

1903xx-after5-03.jpg

ミニドレス¥280,800/ランバン(ランバン ジャパン) カゴバッグ¥29,160/アー・ペー・セー(アー・ペー・セー カスタマーサービス) ソックス/スタイリスト私物

---fadeinpager---

ジャケットの下に忍ばせたマキシドレスで、大胆不敵に夜を駆ける。

ドローコードのディテールがスポーティなムードを添える、シルクサテンのレースのドレス。センシュアルなドレスはオーバーサイズのジャケットを羽織ることで、私たちの日常にぐっと寄り添う。

1903xx-after5-02.jpg

ジャケット¥181,440、ドレス¥487,080/ともにメゾン マルジェラ(メゾン マルジェラ トウキョウ) バッグ¥29,160/イーイーハンドクラフテッドプロダクツ(スーパー エー マーケット) サンダル¥86,400/ジミー チュウ

---fadeinpager---

重ねたトレンチコートと、小さなバッグでナイトアウト。

シンプルな白のコートに、質感の異なる鮮やかなピンクのコートをレイヤード。お仕事バッグを、きらっと光るチェーンバッグに持ち替えたら、ドレスアップ完了。

1903xx-after5-04.jpg

ピンクのコート¥102,600/フォルテ フォルテ(コロネット) シャツコート¥64,800/ガブリエラ コール ガーメンツ、中に着たワンピース¥25,920/フィータ、サンダル¥31,320/ミスティック(以上エイチ ビューティ&ユース) メタルバッグ¥159,840/パコ ラバンヌパンツ¥37,260/クレージュ(ともにエドストローム オフィス) リング (4個セット)¥64,800/アンブッシュ®(アンブッシュ®ワークショップ)

---fadeinpager---

シルバーのミニドレスで、平凡な夜に魔法をかけて。

端正なシャツドレスは、フロントボタンの留める個数を調節することで、ボトムスの見え方をコントロールすることができる。オフィスでは生真面目にシャツドレスとして、アフター5にはボタンを開けてジレのように。シルバーのミニドレスを重ねて、いざ夜の街へ。

1903xx-after5-05.jpg

シルバードレス¥481,680(予定価格)/イザベル マラン シャツワンピース¥68,040/ガブリエラ コール ガーメンツ(アデライデ) ラップスカート¥45,360/サニーヴィンテージ チェーンバッグ¥276,480/ニナ リッチ(コロネット)  ブーツ¥25,920/ドクターマーチン(ドクターマーチン・エアウエアジャパン) 

---fadeinpager---

ビジュー付きのブラウスが、日常にファンタジーをもたらす。

ジャンプスーツの袖をウエストでぎゅっと結んでボトムスとして着る。ビジューがデコルテを飾るブラウスなら、1枚で華やか。

1903xx-after5-06.jpg

ブラウス¥36,720/コーチ(コーチ・カスタマーサービス・ジャパン) 腰に巻いたコート¥181,440/フミカ_ウチダ(クリフ) ジャンプスーツ¥21,600/ジャンティーク ピアス¥27,000/サニーヴィンテージ

---fadeinpager---

デコラティブなフォルムが織りなす、モードな裏切り。

シャリ感のあるコットン素材が生み出す、立体的なボリュームシルエットが美しいブラウスを主役に。オーセンティックな白いブラウスが、まるでドレスのような存在感を放つ。

1903xx-after5-07.jpg

ブラウス¥210,600/ヴァレンティノ(ヴァレンティノ インフォメーションデスク) ピアス¥12,960/リジーフォーチュネート(トゥモローランド)

---fadeinpager---

セットアップスーツと、キャミソールドレスの競演。

クラシカルなセットアップスーツに、鮮やかなキャミソールドレスを重ねる。端正なスーツに、艶やかな色っぽさをレイヤードして。

1903xx-after5-08.jpg

セットアップ¥62,640/ジャンティーク 中に着たシャツ¥25,920/アストラット(アストラット 新宿店) キャミソールワンピース¥31,320/ケイ シラハタ(スタイリング/新宿ルミネ1店) イヤリング ¥62,640(予定価格)/アクネ ストゥディオズ(アクネ ストゥディオズ アオヤマ) パンプス¥108,000/ジミー チュウ

---fadeinpager---

耳に輝きを纏って、ドラマティックな夜へ。

ラインストーンが揺れる華やかなイヤーカフが、顔周りをドラマティックに彩る。毎日の通勤服も、たちまち非日常へ。

1903xx-after5-09.jpg

イヤーカフ¥61,560(予定価格)/ミュウミュウ(ミュウミュウ クライアントサービス) ジャケット¥90,720/ガブリエラ コール ガーメンツ、ホルター ネック¥27,000/ペニーサージ(ともにエイチ ビューティ&ユース)

---fadeinpager---

物語が始まる靴で、足取りも軽く。

足元に、アクセントとなる強い色を纏う。非日常な靴に履き替えるだけで、新しい扉が開く。

1903xx-after5-10.jpg

パンプス¥158,760/マノロ ブラニク(ブルーベル・ジャパン ファッション事業本部) 黒のスカート¥61,560/ガブリエラ コール ガーメンツ、中に着たワンピース¥32,400、ギンガムチェックのホルターネック¥27,000/ともにペニーサージ(以上エイチ ビューティ&ユース)  ストッキング¥1,080/セシリアデラファエル(ぽこ・あ・ぽこ)

---fadeinpager---

ドレスのように纏うトレンチコートで、モードへと舵を切る。

コンサバティブなベージュのトレンチコートは、ドレスのように1枚で纏うことでセンシュアリティが際立つ。共布のベルトは後ろに垂らして、ウエストマークするベルトをPVCに替えるだけで、ぐっとモードに見違える。

1903xx-after5-11.jpg 

コート¥154,440、中に着たスリップドレス(参考色、商品はイエローで展開)¥108,000、ベルト(参考色、商品はピンクで展開)¥30,240、タイツ¥35,640(予定価格)、ヴェール、バッグ(ともに参考商品)/以上マーク ジェイコブス(マーク ジェイコブス カスタマーセンター)  イヤリング¥8,640/ジャンティーク サンダル¥111,240/ジャンヴィト ロッシ(ジャンヴィト ロッシ ジャパン)

 

●問い合わせ先:
ミュウミュウ クライアントサービス 0120-451-993(フリーダイヤル)
ぽこ・あ・ぽこ tel:03-3477-5006
ジャンヴィト ロッシ ジャパン tel:03-3403-5564
ランバン ジャパン tel:03-4500-6172
アー・ペー・セー カスタマーサービス tel:03-3710-7033
メゾン マルジェラ トウキョウ tel:03-5725-2414
スーパー エー マーケット tel:03-3423-8428
ジミー チュウ tel:03-5413-1200
コロネット tel:03-5216-6518
エイチ ビューティ&ユース tel:03-6438-5230
エドストローム オフィス tel:03-6427-5901
アンブッシュ®ワークショップ tel:03-6451-1410
イザベル マラン tel:03-5772-0412
アデライデ tel:03-5474-0157
サニーヴィンテージ tel:03-6712-6938
ドクターマーチン・エアウエアジャパン tel:03-5428-4981
コーチ・カスタマーサービス・ジャパン 0120-556-936(フリーダイヤル)
クリフ tel:03-5844-6152
ジャンティーク tel:03-5704-8188
ヴァレンティノ インフォメーションデスク tel:03- 6384-3512
トゥモローランド 0120-983-511(フリーダイヤル)
アストラット 新宿店 tel:03-5766-6560
スタイリング/新宿ルミネ1店 tel:03-6302-0213
アクネ ストゥディオズ アオヤマ tel:03-6418-9923
ブルーベル・ジャパン ファッション事業本部 tel:03-5413-1050
マーク ジェイコブス カスタマーセンター tel:03-4335-1711

*『フィガロジャポン』2019年4月号より抜粋

photos : KENTA SAWADA, stylisme : TOMOKO KOJIMA, coiffure et maquillage : RIE SHIRAISHI

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

Recommended

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories