東京パリジェンヌ#01 【東京パリジェンヌ】茅島みずき×ブラックドレス

Fashion 2019.06.21

フィガロジャポン30周年

フィガロジャポンが考えるパリシックのコードを最新ファッションでひもとく新連載。創刊30周年を機にスタートする第1回目は、14歳らしからぬ堂々とした存在感を放つ茅島みずきが着る、ブラックドレス。本誌の未掲載カットとともに、パリシックにまつわるキーワードについてのミニインタビューをお届け!

190813_01_098-gr.jpg

KEYWORD1:パリ

思い浮かぶのは、歴史の教科書に載っていたベルサイユ宮殿……それとエッフェル塔くらい。具体的なイメージがあまりなくてスミマセン。あ、でもテレビで『パリコレ学』は見てました! かっこいいなあと思う反面、モデルの世界って厳しいんだなというのが正直な感想でした

---fadeinpager---

190813_04_257-gr.jpg

ドレス¥442,800、中に着たタートルニットトップ¥162,000、ネックレス¥210,600、ベルト¥70,200、ソックス¥47,520/以上ディオール(クリスチャン ディオール)

KEYWORD2:パリジェンヌ

流行に流されずに、自分なりのスタイルや個性を貫いているイメージです。しっかりとした価値観を持った女性って、すごく憧れますね

---fadeinpager---

190813_02_168-gr.jpg

ドレス¥1,263600/シャネル(シャネル カスタマーケア)

KEYWORD3:ブラック

モノトーンが好きなので、黒い服はよく着ます。でも、自分で着る服を選ぶようになったのは2年前くらいから。それまでは毎日ゴルフ漬けの生活だったので、ジャージーの上下かゴルフウエアばかりでした

---fadeinpager---

190813_01_058-gr.jpg

ドレス¥410,400、中に着たTシャツ¥49,680/ともにサンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ(イヴ・サンローラン)

KEYWORD4:ドレス

カジュアルなワンピースなら着たことはありますが、こんなラグジュアリーなドレスは初めて。Tシャツを中に重ねたサンローランのドレスは、普段に近い気分でいられました。逆に、いちばんドキドキしたのはシャネル。黒いレースって着たことがなかったので、緊張しました(笑)

Mizuki Kayashima
2004年生まれ、長崎県出身。2017年、「アミューズ全県全員面接オーディション〜九州・沖縄編〜」でグランプリを獲得し、デビュー。現在は大塚製薬「ポカリスエット」、資生堂「Japanese Beauty」のCMに出演中。特技はゴルフで、ベストスコア70を誇る。
●問い合わせ先:
クリスチャン ディオール(ディオール)
0120-02-1947(フリーダイヤル)

シャネル カスタマーケア(シャネル)
0120-525-519(フリーダイヤル)

イヴ・サンローラン(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ)
tel : 0570-016655

※この記事に記載している価格は、標準税率10%の税込価格です。

東京パリジェンヌ INDEXページへ

photos:MITSUO OKAMOTO, stylisme:TOMOKO IIJIMA , coiffure:KENICHI(eightpeace) , maquillage:MASAYO TSUDA(mod’s hair) , réalisation : MAMI AIKO

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

世界は愉快
フィガロワインクラブ
Business with Attitude
パリとバレエとオペラ座と
BRAND SPECIAL
Ranking
Find More Stories