Portrait of a Lady スタイリスト青木千加子が考える「大人がファッションを楽しむ方法」とは。

Fashion 2023.06.06

長くファッションの世界に身を置いているので、もはや何も要らないと思う時がある。それでも、ドキドキする服に出合うと手に入れたくなる、と青木千加子は言う。大人だからこそ自分本位に装いたいと語る、そのスタイルの美学に迫る。

230513-aoki-chikako-01.jpg

ベビードール¥438,000、シューズ¥176,000(ともに予定価格)、ショーツ(参考商品)/以上プラダ(プラダ クライアントサービス)

「プラダの魅せる強い女性像、その中にふと垣間見えるピュアな少女性に強く惹かれます。ランジェリーという本来であれば人に見せるものではないアイテムをファッションとして纏うことで、女性の内面の強さを引き出す服でもあると感じます」

---fadeinpager---

230513-aoki-chikako-02.jpg

ボディスーツ¥110,000、スカート¥517,000/ともにヴァレンティノ(ヴァレンティノ インフォメーションデスク) 靴¥126,500/ヴァレンティノ ガラヴァーニ(ヴァレンティノ インフォメーションデスク) ピアス¥331,100、ネックレス¥981,200、リング¥799,700/以上マリーエレーヌ ドゥ タイヤック(MHT)

「多くを持つことが必ずしも素敵というわけではない、ということを教えてくれたドレス。過剰にレイヤードすればよいというのではなく、極限まで削ぎ落としたミニマルな美しさにこそ強さが宿る。ジュエリーも最小限で充分」

---fadeinpager---

自分の身体、個性、感情を大事に、自分らしく着こなしたい。

230513-aoki-chikako-03.jpg

ジャケット¥383,900、パンツ¥141,900/ともにザ・ロウ(ザ・ロウ・ジャパン) シューズ¥205,700/クリスチャン ルブタン(クリスチャン ルブタン ジャパン) ネックレス(120cm)¥1,232,000、(240cm)¥2,134,000/ともにタサキ

「美しいテーラリングのジャケットに、トランクスを彷彿とさせるショーツを合わせたマスキュリンなスタイルに、逆説的な女性らしさを感じます。女性の背骨とロングパールは相性がいい。ザ・ロウのジャケットは背中の中央に入ったジップが開閉でき、印象的な後ろ姿を演出することができます」

---fadeinpager---

230513-aoki-chikako-04.jpg

シャツ¥124,300、シューズ¥127,600/ともにドリス ヴァン ノッテン ロンパース¥46,200/フミカ_ウチダ(クリフ) ネックレス¥966,900、リング¥799,700/ともにマリーエレーヌ ドゥ タイヤック(MHT)

「優しい黄色のドレッシーなシャツにレースのボディスーツを合わせて。肌を露出することが、服を装う術のひとつとなる時に、私が最も気を使うのは品。唯一無二のセンスを持つクチュリエのシャツは、ドレスライクに着こなしたい気分です」

---fadeinpager---

230513-aoki-chikako-05.jpg

ドレス¥275,000/チカ キサダ(エドストロームオフィス) 片耳ピアス¥2,706,000/タサキ

「自立した大人の女性の肌こそ、チュールのドレスがよく似合います。計算され尽くしたドレスを身に纏う時は、しなやかに気負わずに自然体でありたいと思います。大袈裟に考えないで、ヘアメイクも極力シンプルにまとめて、潔く着こなして」

---fadeinpager---

230513-aoki-chikako-06.jpg

トップ¥968,000、ブラトップ¥132,000、スカート¥858,000、ショーツ¥113,300、アンダーショーツ¥61,600(すべて予定価格)/以上ミュウミュウ(ミュウミュウ クライアントサービス) ピアス¥511,500/マリーエレーヌ ドゥ タイヤック(MHT)

「キラキラと光を放ちながら透けている危うさは、見る人よりも着る人を酔わせてくれそう。手強いアイテムだけど、こういうドキドキする服はつい手に取りたくなってしまいます。ベーシックな服だけだとつまらないから、時には自分へのご褒美としてときめく服を纏いたいと思うのです」

---fadeinpager---

230513-aoki-chikako-07.jpg

ビュスチエ¥52,800/フミカ_ウチダ(クリフ)パンツ¥86,900/JW アンダーソン(JW アンダーソン伊勢丹新宿店) シースルーロンググローブ(参考商品)/ヴィヴィアーノ シューズ¥163,900/クリスチャン ルブタン(クリスチャン ルブタン ジャパン)

「鎖骨を美しく魅せるビュスチエと、腰骨を際立たせるワイドデニム。慣れ親しんだデニムも従来のイメージに捉われないことで、こんなにも新しく、なおかつ女性らしく着こなすことができます。ボディポジティブを雄弁に物語るスタイリングは、デニムだからこそ取り入れやすいと思います」

---fadeinpager---

230513-aoki-chikako-08.jpg

トップ¥748,000、パンツ¥495,000、グローブ¥170,500/以上ザ・ロウ(ザ・ロウ・ジャパン) ピアス¥3,850,000/タサキ クリノリンドレス¥341,000/チカ キサダ(エドストローム オフィス)

「少し甘さも感じられるレースのトップにポケットが透けているユニークなパンツの組み合わせ。タイムレスなアイテムも、ちょっとしたデザインが施されたものを選びたい。クラフト感のある洗練されたニットは、大人だってどうしても着てみたくなってしまいます」

---fadeinpager---

服の力を借りることで、あらゆる女性像を演じることができる。

230513-aoki-chikako-09.jpg

ワンピース¥143,000/ジュンヤ ワタナベ(コム デ ギャルソン)

「年齢を重ねたからこそ似合う服があります。大きさの異なる立体的なパールが無数に巡らされた、このストライプのシャツドレスもまさにそう。年を重ねることでパワーのある服も負けずに着こなせるようになるので、実は若い頃よりもさらにファッションの楽しみは年々広がります」

Chikako Aoki
25歳で独立。結婚、出産を経て、現在はモード誌のほか、女優やミュージシャンの衣装やスタイリングも手がける。最近のお買い物は、4時間並んで手に入れたレッチリのTシャツ。
●問い合わせ先:
プラダ クライアントサービス 0120-45-1913(フリーダイヤル)
ヴァレンティノ インフォメーションデスク tel:03-6384-3512
MHT tel:03-5468-2703
ザ・ロウ・ジャパン tel:03-4400-2656
クリスチャン ルブタン ジャパン tel:03-6804-2855
タサキ 0120-111-446(フリーダイヤル)
ドリス ヴァン ノッテン tel:03-6820-8104
クリフ tel:03-5844-6152
エドストロームオフィス tel:03-6427-5901
ミュウミュウ クライアントサービス 0120-45-1993(フリーダイヤル)
JW アンダーソン伊勢丹新宿店 tel:03-5315-0058
ヴィヴィアーノ tel:03-3475-5725
コム デ ギャルソン tel:03-3486-7611

*「フィガロジャポン」2023年6月号より抜粋

photography: Hiroko Matsubara styling: Chikako Aoki hair: Nori Takabayashi (Yard) makeup: Masayo Tsuda (Mod’s Hair) cooperation: props now

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

世界は愉快
フィガロワインクラブ
Business with Attitude
パリとバレエとオペラ座と
BRAND SPECIAL
Ranking
Find More Stories