パリのオートクチュールが100%デジタル配信に。

特集

2021/22年秋冬 パリ・メンズ・ファッションウィークと2021年春夏 オートクチュール・ファッションウィークは、1月19日〜28日に予定どおり実施される。フランスオートクチュール・プレタポルテ連合会は、100%デジタル配信にすることを決定した。

210119_defile-chanel-haute-couture-automne-hiver-2020-2021.jpg

シャネルの2020/21年秋冬 オートクチュール コレクション。(パリ、2020年7月7日)photo : Imaxtree

例年であれば1月はファッションウィークの話題で盛り上がる。1月19日(火)〜24日(日)まではメンズ・ファッションウィーク、1月25日(月)〜28日(木)まではオートクチュール・ファッションウィークが予定されている。

しかし今年は例年のように、ショー会場周辺に何千人もの人が集まることはない。新型コロナウイルスの感染拡大への不安から、ファッションウィークは無観客で実施され、イベント内容の見直しを余儀なくされている。したがって物理的なショーは実施されないだろう。新型コロナウイルスの流行抑制のために制限を課す当局の措置に従って、今回のショーは実施される。

制限された形式で。

2020年7月、フランスオートクチュール・プレタポルテ連合会は、初となるデジタルプラットフォームを立ち上げた。また、2021年春夏のメンズ・コレクションと2020/21年秋冬のオートクチュールのほとんどが映像を通じて発表された。10月にはデジタル形式が再びプログラムに登場し、密室で行われた実際のショーの映像配信が行われた。しかしながら、フランスオートクチュール・プレタポルテ連合会は、ファッションウィーク中に開催されるいくつかのファッションミーティング(ランウェイを除く)では、制限人数を守ったうえでプレス向け発表会のような物理的なイベントを開催すると発表した。

メンズ・ファッションウィークのカレンダーには、ルイ・ヴィトン、エルメス、ディオール オムなど71のブランドが掲載されている。オートクチュールは、シャネル、スキャパレリ、フェンディ(キム・ジョーンズがデザインする初のコレクション)、さらにはジャン=ポール・ゴルチエを含む32のショーまたはプレゼンテーションが予定されている。

texte : Augustin Bougro (madame.lefigaro.fr), traduction : Hanae Yamaguchi

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。