ブシュロンの新広告キャンペーン「ICONS」に注目。

Jewelry 2022.09.02

ブシュロンはこの秋、著名フォトグラファーのデヴィッド・シムズとスタイリストのエマニュエル・アルトのふたりを広告キャンペーンの制作スタッフとして起用。ファッション界を長年牽引してきた彼らは、新広告キャンペーン「ICONS」で、1893年にパリ・ヴァンドーム広場にハイジュエラーとして初めてブティックを構えたブシュロンの歴史にオマージュを捧げる。

220826-boucheron-01.jpg220826-boucheron-02.jpg

 
性別にとらわれないジェンダーレスなジュエリーは、本物でありながら先進的。そして、革新的かつ刺激的なクリエイション。1858年の創業以来、ブシュロンに受け継がれるメゾンの精神は、この広告キャンペーンにも反映されている。モデルとして登場するのは、アンニャ・ルービックとルドウィグ・ウィルズドーフ。ブシュロンにとっては男女を同格でデュアルに起用する初のキャンペーンとなった。「ルドウィグ・ウィルズドーフの持つ鮮烈な個性はブシュロンの強さと見事に呼応。アンニャ・ルービックがナチュラルな形で表現したのは、メゾンに受け継がれてきた先進的なエネルギーそのものです」とブシュロン本社CEOのエレーヌ・プリ=デュケンは語る。

スタイルの中心となるのは、ブシュロンのアイコンジュエリー。キャンペーンには、キャトル、セルパンボエム、ジャック ドゥ ブシュロンとヴァンドーム リズレが使用され、ハイジュエリーでは、1879年に制作された、革新的でアイコニックなクエスチョンマークネックレスが登場する。「このキャンペーンでは、アイコンである作品をオーバーサイズで纏うことで現代的で躍動感のある表現をしたかったのですが、これは大胆かつ先進的であるブシュロンのイメージそのものです。ビジュアルごとにそれぞれ異なるコレクションをフォーカスしましたが、全体に共通するテーマとして純粋な美しさとコンセプトが伝わるスタイリッシュなクオリティを掲げ、キャンペーンの随所に散りばめました」とクリエイティブディレクターのクレール・ショワンヌはコメントを寄せている。

---fadeinpager---


220826-boucheron-05.jpg

---fadeinpager---


220826-boucheron-06.jpg

---fadeinpager---

220826-boucheron-03.jpg

●問い合わせ先:
ブシュロン クライアントサービス
0120-230-441(フリーダイヤル)
 
ブシュロン公式サイト 新広告キャンペーン"ICONS" 特設ページ ​
https://www.boucheron.com/ja_jp/boucheron-icons​

text: Natsuko Kadokura

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories