ナタリー・ポートマンがゴッドマザー! 華やかなショパール・トロフィーのパーティに潜入。

Jewelry 2023.05.22

カンヌ国際映画祭4日目の5月19日、若手俳優に贈られるショパール・トロフィーの授与を行うオフィシャルディナーが、250名以上のゲストを集めて華やかに開催された。

230522-01-_STF2092_JP.jpg

第22回ショパール・トロフィーは、ナオミ・アッキーとダリル・マコーマックの手に。左から、カンヌ映画祭ディレクターのティエリー・フレモー、ショパール共同社長のキャロライン・ショイフレ、ナオミ・アッキー、ゴッドマザーを務めたナタリー・ポートマン、ダリル・マコーマック、映画祭プレジデントのイリス・ノブロック。©Chopard

南仏カンヌに夏の訪れを告げる国際映画祭が、2023年も5月16日から27日まで開催されている。76回目を迎えるフェスティバルの話題は映画だけではない。連日、パレ・デ・フェスティバルの大階段を上がるセレブリティの装いと、胸元に煌めくジュエリーもカンヌの華やぎの象徴。ショパールは26年もの間、オフィシャルパートナーとしてカンヌに寄り添い、スターたちに愛され続けてきた。中でも、2001年に始まったショパール・トロフィーの授賞ディナーは映画祭でひときわ存在感を放つイベントとなっている。

ショパール・トロフィーは、前途有望な次世代の俳優男女1名ずつに毎年授与されるもの。過去の受賞者には、マリオン・コティヤールやレア・セドゥ、ダイアン・クルーガーらが名を連ねる。さらに毎年映画界のレジェンドともいえる俳優がゴッドファーザー、ゴッドマザーを務め、過去の受賞者とともに審査を行うのが恒例とあって、ディナーの出席者はフェスティバルのレッドカーペットに勝るとも劣らないスターぞろい。今年ゴッドマザーを務めたのはナタリー・ポートマンだ。

 

230522-02-IMG_9968.jpg230522-03-Trophée-Chopard-Ambiance-(2).jpg

雨上がりのソワレ。カールトン・ビーチ・クラブのディナー会場。写真右©Chopard

---fadeinpager---

激しかった昼間の雨がやみ、涼風の流れるビーチ・クラブに続々とゲストが集まった。会場入り口のフォトコールにはカメラがずらりと並んで、訪れるセレブリティを待ち受ける。2008年のトロフィー受賞者でメゾンのアンバサダーを務める中国人女優タン・ウェイ、今回の映画祭のコンペ部門審査委員長リューベン・オストルンドをはじめとする、ジュリア・デュクルノー、ドゥニ・メノーシェら映画祭コンペティション部門の審査員たち。そして、ステイシー・マーティン、ストーム・リード、クロティルド・クロー、カーラ・ブルーニ、ロッシ・デ・パルマ……。映画祭とともに歩むショパール・トロフィーの授賞セレモニーは、映画を愛する人々がファミリーのように集うディナー。ブルーサファイア&ダイヤモンドのネックレスを身に着けた賞のプレゼンターであるゴッドマザーのナタリー・ポートマンが姿を見せると、フォトコールの舞台は興奮に包まれた。

230522-04-Natalie-Portman-in-Chopard.jpg

フォトコールに登場したナタリー・ポートマン。©Chopard

ディナーの開始からほどなく、映画祭ディレクターのティエリー・フレモー、映画祭プレジデントのイリス・ノブロックと、ショパール共同社長兼アーティスティック・ディレクターのキャロライン・ショイフレが壇上に現れた。

今年映画祭プレジデントに就任したイリス・ノブロックは、四半世紀に及ぶショパールとカンヌ映画祭のパートナーシップに触れ、「次世代の若き才能をサポートすることは、映画祭の大事なミッションのひとつです」とスピーチ。

キャロライン・ショイフレは「なぜこのトロフィーが存在するのか? それは、単に映画ファンのパートナーであるだけでなく、映画を支援したいからです。そのために、若い才能を支援することにしたのです。彼らには然るべきタイミング、然るべき場所でスポットライトを浴びることが必要です。それが今夜トロフィーを受け取るふたりにとって、少しでもアクセルになればと思います」と語った。
ナタリー・ポートマンが拍手を浴びて壇上に上がり、いよいよトロフィーの授与が始まる。

「ナオミ・アッキーは『レディ・マクベス』(20年)から『ホイットニー・ヒューストン WANNA DANCE WITH SOMEBODY』(22年)などに出演する、誰もが認める明るく燃えるようなスター。ダリル・マコーマックはドラマ「バッド・シスターズ」から『Good Luck to You, Leo Grande』(22年)まで、どんなプロジェクトに参加してもスクリーンから飛び出てくるような印象的な存在です。Congraturation!」と受賞者たちを紹介した。

---fadeinpager---

ナタリー・ポートマンが受賞者ふたりを紹介。

230522-05_STF2128.jpg

「これはトロフィー以上のもの。尊敬する人たちに励まされ、支えられることです」(ナオミ・アッキー)、「小さい頃から母に連れられて映画を観て育ち、映画は僕のパッションとなり、人生の一部になりました。今ここにいるのは、『信じられない!』という気持ちの、8歳の子供の頃の僕です」(ダリル・マコーマック)©Chopard

ディナーの終わりには、ジュリエット・アルマネが舞台に現れた。ピアノとともに始まったミニコンサートは、たちまち、会場を巻き込んでダンスへと誘う。笑顔と祝祭気分の満ちあふれるソワレとなった。

230522-06-Juliette-Armanet-at-the-Trophée-Chopard-2023-(3).jpg

230522-07-Juliette-Armanet-at-the-Trophée-Chopard-2023-(4).jpg

フランス人歌手のジュリエット・アルマネが登場、ディナーの最後はダンスで盛り上がった。©Chopard

---fadeinpager---

230522-15-Brie-Larson.jpg230522-16-Carla-Bruni-in-Chopard-(2).jpg

ブリー・ラーソンとカーラ・ブルーニ。

230522-21-Stacy-Martin-in-Chopard.jpg230522-20-Rossy-De-Palma.jpg

ステイシー・マーティンとロッシ・デ・パルマ。

230522-18-Karidja-Toure-in-Chopard.jpg230522-19-Lio-Tipton.jpg

カリージャ・トゥレとリオ・ティプトン。

ショパールとカンヌのパートナーシップは1997年、映画を愛するキャロライン・ショイフレの提案から始まった。彼女は、それまでアクリル樹脂製ガラスの台座と金メッキのトロフィーだったパルムドールをリデザインし、本物のジュエリーに変えた。カンヌの各賞受賞者に渡されるショパール製のトロフィーは、1998年以来、映画祭の伝統となっている。

230522-08-The_Palme_d'Or_2023-(1).jpg

フェアマインド認証を得たエシカルゴールドとロッククリスタル製のパルムドールは、ジュネーヴのハイジュエリーアトリで制作されるラグジュアリーピース。ヤシの葉の切り口に見えるハートがショパールのシグネチャー。今年は誰の手に? ©Chopard

2001年のショパール・トロフィーに続き、2007年には映画祭にちなんだ「レッド カーペット コレクション」を開始。毎年、カンヌ国際映画祭の開催回数に合わせた点数のハイジュエリーをクリエイトしている。今年は第76回フェスティバルに合わせ、76点のジュエリーが誕生した。カンヌ国際映画祭のレッドカーペットと24段の大階段を上るスターたちの胸元、耳元や手元をきらびやかに演出したことは、いうまでもない。

230522-09-Natalie-Portman-in-Chopard_230519-(1).jpg

レッド カーペット コレクションより119.95カラットのハートシェイプサファイアと36.3カラットのダイヤモンドがセットされたフェアマインド認証エシカルホワイトゴールド製ネックレスを身につけたナタリー・ポートマン。©Chopard

---fadeinpager---

230522-10-Tang-Wei-in-Chopard_230519-(3).jpg

104カラットのイエローダイヤモンドと159.8カラットのホワイトダイヤモンドが輝くレッド カーペット コレクションのネックレス、セットのイアリング&リングを身につけたアンバサダーで女優のタン・ウェイ。©Chopard

230522-11-Uma-Thurman-in-Chopard_230516-(2).jpg

32.54カラットのダイヤモンドをルビーとアメシストが取り囲むレッド カーペット コレクションのチョーカーがユマ・サーマンの胸元を飾る。©Chopard

230522-12-Raline-Shah-in-Chopard_230520-(3).jpg

インドネシアの女優ラライン・シャーがレッド カーペット コレクションから選んだのは、フェアマインド認証エシカルホワイトゴールドに、ペアシェイプ、マーキーズカット、ブリリアントカットのダイヤモンドをちりばめたネックレス。©Chopard

230522-13-Emanuelle-Beart.jpg

エマニュエル・べアールも、レッド カーペット コレクションから、イエローダイヤモンドの輝くネックレスをチョイス。©Chopard

text: Masae Takata(Paris Office)

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

世界は愉快
フィガロワインクラブ
Business with Attitude
パリとバレエとオペラ座と
BRAND SPECIAL
Ranking
Find More Stories