韓国人モデルのパク・スジュ、落とすには最も難しい色と知らずに髪を青くカラーリング!

Fashion 2015.06.17

韓国人モデルのパク・スジュは、青は落とすのが最も難しいカラーだと知らずに髪を染めてしまった。

0615.jpg

スジュは、カール・ラガーフェルドのミューズのひとりとして知られるほか、昨年はレッドケンやロレアル パリといったトップブランドのキャンペーンにも起用された。こうした立場を考えると、ヘアカラーを変える際はじっくり考える必要があるが、彼女はほんの思いつきで髪をアクア色に染めることに決めてしまったようだ。

「最近はほとんど、レッドケンに行ってすべてを決めてもらっているけど、今回はパンクとでも言うような瞬間だったわ」とスジュはファッション情報サイト『Style.com』で語っている。「メインカラーはずっとブロンドだけど、以前は違うカラーにしていたこともある。ピンクやラベンダーっぽい色にしたこともあるけど、好きな色は青。あまり考えずに染めたら、落とすには一番難しい色だってことが後から分かったの。話のいいネタになるでしょ!」

さらにスジュは大胆なイメチェンにもかかわらず、高級サロンを訪れることはしなかった。その代わり店で好きなシェードを選び、自分で挑戦したという。髪を台無しにしないよう、マニックパニックのバッドボーイブルーにトリートメントを混ぜることで明るさを抑えて髪を保護しつつ、その効果を発揮させたという。染める作業はとても簡単で、今では新しいメークアップをいろいろ試して楽しんでいるようだ。ネイルもライトブルーに染めて新しい髪の色にマッチさせたり、どのシルバーアイメークが似合うか、テストを重ねたりしているようだ。

©Cover Media/amanaimages

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories