ラプソディ・イン・ティファニー ブルー、そしてパロマの最新作。

ジュエリー&ウォッチ Buzz!

7月、9月とパリを訪れる機会があり、さっそくオープンしたばかりのティファニーの新フラッグシップストアに足を運んできました。多くの人が行き交うシャンゼリゼ大通り沿いという、絶好の立地。3フロアにわたる広々とした内部は、流れ落ちる光の滝のようなシャンデリアで飾られ、高級感たっぷりです。

homma141007main01.jpgAdresse:62, avenue des Champs Elysees, Paris

ティファニー創業者、チャールズ・ルイス・ティファニーは、パリで質の高いダイヤモンドや宮廷ジュエリーを多く買いつけ、アメリカにもたらした功績で知られます。光の都パリに最初のブティックをオープンしたのは1868年。ティファニーとパリとは、古くから深いつながりを持っていたことに驚かされます。

homma141007main02.jpgニューヨークで活躍するアーティスト、ミシェル・オカ・ドナーが手がけたリュクスなインテリア。

さて、東京に戻って再びティファニーのブティックを訪れると、今度はパロマ・ピカソの「パロマ シュガー スタック」に加わった最新作に目が留まりました。「色彩やジェムストーンの組み合わせで遊べる、選択肢が多いコレクションを作りたいと思い、この新作を発表しました。甘い砂糖菓子のようなリングを重ねて出来上がるユニークな色彩のコントラストが、目も心も楽しませてくれます」と、パロマからのメッセージ。

homma141007main03.jpg「パロマ シュガー スタック」RGリング上から、ピンクサファイア¥669,600、イエロークォーツ¥100,440、ブルートパーズ¥200,880、ダイヤモンド¥815,400、ラベンダーアメジスト¥100,400

大小のカラフルなジェムストーンをどう重ねづけするかで、さまざまな表情が演出できる魅惑のデザイン。今回はティファニーの職人たちがダイヤモンドをパヴェ セッティングしたジュエリーも新登場し、つけこなしの幅が広がりました。ころんとした形がなんとも愛らしい「パロマ シュガー スタック」、ペンダントやイヤリングも揃います。

●問い合わせ先:ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク Tel.0120-488-712
www.tiffany.co.jp

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      LATEST BLOG

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。