5月の運勢(月運) : 灯 - 中森じゅあんの算命学占い

『フィガロジャポン』本誌で大人気だった、中森じゅあん先生の算命学を毎月更新。
中国最古の占星学から読み解いた、主精別の「今月のキーワード」と、全体運、仕事運、恋愛運をさらに良い方向へ導くためのアドバイスをお届けします。

2020年5月5日〜2020年6月4日の運勢

星座名

自分にもできる、人のために役立つことを掘り下げる。

愛の星とリーダーシップを示す星が、手をとりあってやってくる月です。困っている人や支援を求めている話を聞くと、何か自分にできることで、人のために尽くせることはないかと自問する気持ちが湧くことでしょう。ボランティア精神に富む星が、今月のあなたに寄り添います。まずは身近な人、そして遠く離れて暮らす人との繋がりを強固にし、心と心の絆を積極的に深める月にしましょう。日頃忙しくて連絡を取れずにいた人も含めて、SNSは、こういう時こそ、あなたの親身な思いを伝えたり、人を励ますなどして、コミュニケーションを築くために生かしてください。人の役に立つ活動にも、勇気を出して、あるがままの自分で取り組めば、自分を発信する好機になることでしょう。とはいえ、愛の星ですから、気になる人がいるなら、あなたからメッセージを送るのもよいでしょう。介護中の友人知人や持病や障害のある人たちに、声かけやサポートをするには、最善の星です。広義で「助け合い」を実践する星が助けてくれることでしょう。

(じゅあん先生からのメッセージ)
今月だけでなく、まだまだ続きそうなこの困難の時に、各主精の方々にとって、今月巡り来る算命の星をどう使って乗り越えたらよいのか、ヒントとアドバイスをお届けします。少しでも皆さまのお心と行動の参考になりますように。

灯のあなたはこんな人

ロウソクの炎、焚き火やガスの火、照明などを含む灯火の精の人は、ホットで情熱的、感情の起伏が強く、ネアカ。どんな暗闇もパッと明るくする灯の光は、周囲の人々に明るさやあたたかさ、やさしさをもたらす存在です。喜怒哀楽が激しく、情にもろく、繊細な芸術家タイプですが、熱しやすく冷めやすい、気分屋さんでしょう。直感が鋭く、思ったことはすぐ行動に移すスピードは抜群ですが、やや短気。好き嫌いがハッキリしていて、個性的な創造力をもつ人です。飽きずに自分の好きなことをひとつでもよく続ける忍耐力が加わると、鬼に金棒といえます。

灯の有名人

アナ・ウィンター(編集者)1949/11/03 川久保玲(デザイナー)1942/10/11 ケイト・モス(モデル)1974/01/16 シャルロット・ゲンズブール(女優)1971/07/21 ヴァネッサ・パラディ(ミュージシャン)1972/12/22 ジャン=リュック・ゴダール(映画監督)1930/12/03 北野武(俳優、作家、映画監督)1947/01/18

Horoscope : Juan Nakamori / Illustlation :Maggie Prendergast

中森じゅあんプロフィール

鬼谷算命学が専門の占い師。バイオシンセンス・ボディサイコセラピスト。占い師としてのキャリアは20年。また、フリーランスのコピーライターとしても27年の経験をもつ。算命学のほか、ワークショップ講演、エッセイや詩の執筆など幅広い分野で活躍中。著書は『鬼谷算命学』(三笠書房)、エッセイ集『幸福の扉を開きなさい』(PHP文庫)、詩画集『天使の愛』(講談社)ほか多数。

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。