1月の運勢(月運) : 灯 - 中森じゅあんの算命学占い

『フィガロジャポン』本誌で大人気だった、中森じゅあん先生の算命学を毎月更新。
中国最古の占星学から読み解いた、主精別の「今月のキーワード」と、全体運、仕事運、恋愛運をさらに良い方向へ導くためのアドバイスをお届けします。

www.juan.jp

2023年1月6日~
2月3日の運勢

星座名

超多忙の月、思考をコントロールしてポジティブに!

今月、「灯」の人はほかのどの星の人よりも忙しい思いをしそうです。人生の中で、誰にとっても超多忙というタイミングはめぐり来るものですが、今月の忙しさと上手に関わっていくコツは「考えないこと」です。ひとつひとつの出来事について、「どうして?」とか、「なんで私が?」などとネガティブな反応をしていたら、それがイライラやプレッシャーを生む原因に。忙しい現状とどのように付き合ってクリアするかだけに集中し、あれこれ考えすぎず、ありのままの状況の中でスピーディにやりくりすることに意識を向ければよいのです。仕事が忙しくて恋愛面を充実させる時間がないと嘆くのもNG。思いどおりにならないことを「外側」のせいにしてしまう考え方を変えましょう。仕事で省けるステップは省いて、人に頼めることは頼んで、集中力を強化して早く片付ける工夫はしていますか? あなたが頭を使って乗り越えて、やるべきことをこなした先に、ラブチャンスも待っている月です。または、「この仕事を済ませたら、楽しいことをしよう!」とご褒美を用意しておいて働くのも、スイスイと捗らせるための手。不満や時間に支配されず、自分の持てるものを上手に手懐けましょう。

灯のあなたはこんな人

ロウソクの炎、焚き火やガスの火、照明などを含む灯火の精の人は、ホットで情熱的、感情の起伏が強く、ネアカ。どんな暗闇もパッと明るくする灯の光は、周囲の人々に明るさやあたたかさ、やさしさをもたらす存在です。喜怒哀楽が激しく、情にもろく、繊細な芸術家タイプですが、熱しやすく冷めやすい、気分屋さんでしょう。直感が鋭く、思ったことはすぐ行動に移すスピードは抜群ですが、やや短気。好き嫌いがハッキリしていて、個性的な創造力をもつ人です。飽きずに自分の好きなことをひとつでもよく続ける忍耐力が加わると、鬼に金棒といえます。

灯の有名人

アナ・ウィンター(編集者)1949/11/03
川久保玲(デザイナー)1942/10/11
ケイト・モス(モデル)1974/01/16
シャルロット・ゲンズブール(女優)1971/07/21
ヴァネッサ・パラディ(ミュージシャン)1972/12/22
ジャン=リュック・ゴダール(映画監督)1930/12/03
北野武(俳優、作家、映画監督)1947/01/18

Horoscope : Juan Nakamori / Illustlation :Maggie Prendergast

中森じゅあんプロフィール

鬼谷算命学が専門の占い師。バイオシンセンス・ボディサイコセラピスト。占い師としてのキャリアは20年。また、フリーランスのコピーライターとしても27年の経験をもつ。算命学のほか、ワークショップ講演、エッセイや詩の執筆など幅広い分野で活躍中。著書は『鬼谷算命学』(三笠書房)、エッセイ集『幸福の扉を開きなさい』(PHP文庫)、詩画集『天使の愛』(講談社)ほか多数。

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories