休日は華やかに、美酒と贅沢ブランチで。#05

絶品のパンとともに、ゆったりした朝を浅草で。

特集

併設の工房から届くパンに、自家製のシャルキュトリーや野菜たち。毎日でも食べたい優しい味に、どんなお酒を合わせよう?

スケロクダイナー|浅草

子どもや近所のお年寄り、外国人旅行者などさまざまな人が思い思いに過ごせるオールデイダイナー。工房を併設しているだけあって、ブランチメニューに使われるパンはどれも絶品。自家製のソーセージやベーコンは無添加にこだわり、減農薬で育てた自家農園の野菜も使用するなど、デイリーに食べたくなる身体に優しいものを厳選。特筆すべきはドリンクのバリエーション。自家製のジンジャーエールやトマトジュース、コーヒー、ワイン、オリジナルカクテル、食後酒までが揃い、悩むこと必至。

1807xx-branch6-01.jpg

手前から時計回りに、自家製ソーセージが主役。トースト付きの「フライパンにのったイングリッシュブレックファスト」¥1,200、ミルクかヨーグルトをかけていただく「自家製グラノラとフルーツのボウル」¥850、赤ワインで割った「自家製レモンシロップのアメリカンレモネード」¥800

1807xx-branch6-02.jpg

建物3階にある工房の焼きたてパンが、1〜2階のフロアでゆっくりと味わえる。

1807xx-branch6-03.jpg

隅田川のほとりに立つ。靴店の倉庫を改装した店内は、吹き抜けの開放感が居心地のよさをぐんとアップする。

Suke 6 Diner/スケロクダイナー
東京都台東区花川戸1-11-1 あゆみビル
tel:03-5830-3367
営)10時〜22時L.O.(火〜金) 8時〜21時L.O.(土、日、祝)
休)月 ※月曜日が祝日の場合は営業、翌火曜日定休
www.suke6diner.com

*『フィガロジャポン』2018年7月号より抜粋

photos : AKEMI KUROSAKA (STUH), texte : KEI YOSHIDA

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。