今日のプチデジュネ、デジュネ、ディネ。#02

朝ご飯から夜ご飯まで、フレンチ度数高めな日。

特集

外出自粛が続き、誰もがおうちご飯を作る機会が増えているはず。
料理上手なあの人は、どんなおうちご飯を作っている? フィガロでおなじみの料理家やフードコーディネーター、フードライターたちが、とある1日のプチデジュネ(朝食)、デジュネ(昼食)、ディネ(夕食)を紹介します。今回は「平野由希子の季節のおつまみ」を連載中、フランス料理とワインを愛する平野由希子さんです。


写真・文/平野由希子(料理研究家)

petit déjeuner

200424_IMG_1118.jpg

今日の朝食はイチゴが主役。イチゴの観光農園はいま、大変な時。信州から届いたばかりの完熟イチゴは中まで真っ赤。写真ではこれだけですが、1パック食べちゃいました。ので、パンは少しだけ。パーラー江古田のドライフルーツとクルミ入り。バターはパリからのお土産を冷凍しておいたもの。チーズのように濃厚です。しかも、ネーミングはマダムのバター! 卵は10分ゆでた固ゆでを熱々のうちにいただきます。

---fadeinpager---

déjeuner

200424_IMG_1120.jpg

お昼は桜海老とトマトのスパゲッティ。魚介とトマトの組み合わせはいろいろありますが、桜海老で作るフレッシュトマトソースは中でもお気に入りのレシピ。野菜は私の定番クミンキャベツ。オリーブオイルとクミンと塩を加え混ぜるだけです。ひと玉買った春キャベツの残りはピクルスにしたり、塩もみにしたりと作り置きに。

---fadeinpager---

dîner

200424_IMG_1108.jpg

200424_IMG_1117.jpg

夕食はワインを飲みながら作ります。まずは、そら豆のチーズ焼きとワサビ菜のサラダ。ワサビ菜はピリッとした辛味があるおいしい葉っぱ。キャロットラペを少し加えて混ぜました。メインデッシュは鴨のコンフィとジャガイモのエシャロット炒め。キャロットラペも鴨コンフィもジャガイモもみんな作り置きです。いつもは仕事でフレンチを作ることが多いので、家では和食やシンプルな料理が多いのですが、このところはフレンチ度数が高め。ワインの量も増えてます。

平野由希子

フランス料理とワインを愛する料理研究家。日本ソムリエ協会認定ソムリエ。2015年にフランス農事功労章を叙勲。近著に「ずっと使ってきた私のベストレシピ  平野由希子のル・クルーゼ料理」(KADOKAWA刊)「和つまみ 呑ませる料理×合わせたいお酒」(ナツメ社刊)がある。instagramは@8yukiko76hirano  料理教室cuisine et vin主宰。www.yukikohirano.com

【関連記事】
平野由希子連載「平野由希子の季節のおつまみ」

photos et texte : YUKIKO HIRANO

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。