いつかの旅に思いを馳せる、夏のスイーツレシピ。#05

アンダルシアのガスパチョをデザートスープにアレンジ!

特集

ヴァカンスに遠出を我慢した人が少なくない今年の夏。旅好きな料理のプロたちが、それぞれ思い出の地で味わったサマースイーツのエピソードをたどりながら、おうち時間で簡単に手作りできるアレンジレシピを公開! CM・雑誌などで活躍するフードコーディネーターであり、レシピ開発も手がける廣松真理子さんは、アンダルシアの旅で出合ったガスパチョを爽やかなスイーツにアレンジしてくれました。


スペインのガスパチョをフロマージュブランでデザートに。
「スイカとトマトの冷たいスープ」

廣松真理子(フードコーディネーター)

200825_sweets_recipe_01.jpg

10年ほど前の夏、6月の終わりから7月にかけて、スペイン南部のアンダルシア地方を旅しました。セビーリャから車でのんびり、満開のひまわり畑を巡る旅でした。車での移動だったので街歩きも楽しんだのですが、とにかくあの夏はものすごく暑くて。その暑さのせいもあり、現地で何度も味わって印象的だったメニューのひとつがガスパチョです。今年の東京の夏の暑さを重ね合わせ、飲むたびに身体が喜んだあの味を思い出しながら、さっぱりと喉ごし爽やかなスイカのデザートスープを作ってみました。ガスパチョはご存じのとおりパンを使うのですが、さっぱりと爽やかなスイーツに仕上げたくて今回はフロマージュブランでアレンジしました。ほろ苦くて甘いメイプルナッツはそのまま食べてもおいしくて、スイーツのトッピングやお料理のアクセントにも使えるので少し多めに作り、常備しておくと便利です。

【スイカとトマトの冷たいスープ】

〈材料 2人分〉
スイカ 500g
プチトマト 10個(あらかじめ冷凍しておく)
フロマージュブラン 80g
ハチミツ 大さじ1〜2(お好みで調整)

ナッツ 50g
メイプルシロップ 大さじ1

〈作り方〉
1. ひと口大くらいにカットしたスイカ、皮をむいたプチトマトをミキサーで攪拌する。プチトマトはあらかじめ冷凍しておくと湯むきをしなくても簡単に皮がむける。

200825_sweets_recipe_02.jpg
200825_sweets_recipe_03.jpg
200825_sweets_recipe_04.jpg
2.  1にフロマージュブラン、ハチミツを加えてさらに攪拌する。
3. ナッツにメイプルシロップを絡めて、180度に予熱したオーブンで10分焼く。

200825_sweets_recipe_05.jpg 4. 2のスープをうつわに盛り付けて3をトッピングする。好みでミントの葉を添える。

---fadeinpager---

memories of my trip
スペイン・アンダルシアの思い出。

200825_sweets_recipe_06.jpg

現地で何度もいただいたガスパチョ。
 

200825_sweets_recipe_07.jpg

車を降りて街歩きを楽しんだアルコス・デ・ラ・フロンテーラの街。
 

200825_sweets_recipe_08.jpg

アンダルシアの夏を彩る、ひまわり畑の風景。

廣松真理子 Mariko Hiromatsu
フードコーディネーター。テレビCM、広告、カタログ、雑誌などでフードコーディネートおよびフードスタイリングを手掛ける。
www.mariko-h.com
Intagram: @mariko_hrmt

いつかの旅に想いを馳せる、夏のスイーツレシピ。一覧へ

【関連記事】
シェフたちの#stayhomeレシピ。
お家で作る世界のホテルのレシピ。
料理のプロたちのおうちご飯。
菓子研究家の福田里香さんによる、ピクニックレシピ。
甘い香りが幸せを運ぶ、週末のスイーツレシピ。

photos:MARIKO HIROMATSU, réalisation : AKARI MATSUURA

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。