待望! アラン・デュカスのショコラトリーが日本上陸。

ニュース

portrait-Alain-Ducasse-Nicolas--Berger-Julien-Kientzler©Pierre-Monetta.jpg

 下段左から時計回りに、アラン・デュカス、二コラ・ベルジェ、ジュリアン・キンツラー。© Pierre Monetta

フランス料理の巨匠、アラン・デュカスは、30年以上もの間ショコラづくりに関わりたいと思っていたといいます。

そんな彼が、信頼するショコラティエのニコラ・ベルジェとタッグを組んで始めたショコラトリー「ル・ショコラ・アラン・デュカス」は、2013年にパリで開業するや、またたく間に高い評価を確立しました。バリエーション豊富なボンボン・ショコラやタブレットは、デュカスの料理と同様に、良質な素材を厳選し、素材本来の味わいと香りを見事に表現したものばかり。そんな名店の日本初のショコラ工房がついに、2018年3月26日、東京・日本橋にオープンします。

「ル・ショコラ・アラン・デュカス 東京工房」のシェフ・パティシエは、「ベージュ アラン・デュカス 東京」でシェフ・パティシエを務め、パリ工房で2年間の研鑽を積んだジュリアン・キンツラー。パリ工房から届く自家製クーベルチュールを使ってつくる数々のショコラは、1階のブティックで購入できるだけでなく、工房の様子を眺められる中2階のル・サロン(30席)にて、イートインで楽しむこともできます。

「ル・ショコラ・アラン・デュカス」のショコラをイートインできるのは、世界でここだけ。個性豊かなショコラを厳選されたドリンクとともに楽しみ、優雅な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

Barre-a-Croquer-Le-Chocolat-Alain-Ducasse-(c)Pierre-Monetta.jpg © Pierre Monetta

【関連記事】
名喫茶店でいただく、ロングセラーデザート4選。
マカロンからピッツァまで、ストロベリーの祭典へ!
 

ル・ショコラ・アラン・デュカス 東京工房
東京都中央区日本橋本町1-1-1
営)11時〜20時(ブティック、サロン共通)
不定休
www.stillfoods.com/lechocolat-alainducasse

 

texte : MEGUMI KOMATSU

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。