ホームパーティレシピ

桜を使った春らしいケーキ。
「抹茶のパウンドケーキ・桜と甘納豆入り」

ホームパーティレシピ

今回も桜を使ったレシピの紹介です。

抹茶の生地に桜を入れるだけで、パッと春らしさが加わり、作っているそばからウキウキしてきます。
春のおもてなしやお手土産にいかがでしょうか?

c02-aoumi-macha-150310.jpg

★抹茶のパウンドケーキ・桜と甘納豆入り★

【材料】
A
小麦粉 100g
抹茶 小さじ2
ベーキングパウダー 5g
塩 ひとつまみ

B もったりとするまでよく混ぜる
砂糖 100g
全卵 2ケ

C
バター 100g
塩漬け桜 30〜40輪ほど(塩抜きしておく)
甘納豆 30g(なくてもいい)

【作り方】
1. A(粉類)をふるいにかけておく。
2. B(砂糖+卵)がもったりとマヨネーズ色になるくらいまで、しっかり混ぜる。
3. 湯煎しておいたバターとBをよく混ぜあわせる。
4. 3に1の粉類を数回に分けて加える。切るように混ぜあわせる。最後に甘納豆と塩抜きした桜を加え、ざっくり混ぜ合わせる。
5. 180度で40分焼いて完成(竹串で焼けいているか確認すること)。

c01-aoumi-macha-150310.jpg

【ポイント】
•桜の塩抜き方法:桜の花の塩漬けを水の入ったボウルに入れ、塩をしっかり落としてください。水を捨て、再度、新しい水を入れ15分ほど水に浸けて塩気をとります。途中で何度か水を替えてください。最後に形を整え水気をとってください。桜の塩をしっかり落とさないと、塩気の強い仕上がりになってしまいます。桜の花は色落ちする可能性があるので、水に浸けすぎないように。
•甘納豆は大きめの粒を選んだ方がほっくり仕上がります。粒が小さいと火が入り過ぎて固くなることがあります。白インゲン豆など、白が入ると華やぎます。

c03-aoumi-macha-150310.jpg

バターが手に入りにくいので、バター100gの代わりに生クリーム100ccで作ってみました。写真は生クリームで作ったバージョンです。美味しく出来ますが、生地が緩いので桜の花や甘納豆が下に沈む可能性があります。

青海七生 Nao Aoumi

パーティ料理研究家

フランス独立記念日と同じ7月14日生まれ。「きっとフランスに縁があるのよ」と両親に言われ続け、大学では仏語を専攻し留学も経験。仏系証券会社勤務、南仏でのレストラン研修……とフランスと関わる人生を歩む。現在は「ワクワクしてる?」をコンセプトに、ビジュアルも含めて食の楽しさを伝える料理教室を主宰。各メディアにレシピを提供する傍ら、メドックマラソンやボルドーでのワイン研修に参加するなど、渡仏&食の探求を欠かさない。ワインエキスパート、チーズプロフェッショナル資格取得。
BRUNCH : https://brunch-nao.amebaownd.com

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。