ラデュレで嗜む、お茶の香りのマカロン・パティスリー。

TOKYOパリジェンヌのスイーツみやげ

緑茶や抹茶をはじめ、さまざまなお茶スイーツが登場する季節。味わいとともに、茶葉ならではの香り高さも堪能して!

■ マカロン発想のパティスリーで、優雅なティータイムを。

190524-paris-sweets-01.jpg

写真手前:茶葉の繊細な香りのクリームと真ん中に絞り込んだリュバーブのコンポートとの対比が楽しい。マカロン・グルマン・リュバーブ・テ・マリーアントワネット(6/3〜6/18限定販売) 写真奥:緑茶、ジャスミンの香りのクリームと、トロピカルなマンゴーとパイナップルのコンポートの組み合わせが絶妙。マカロン・グルマン・マング・アナナ・ジャスマン(6/2まで限定販売) 各¥918/以上ラデュレ マーブルプレート ¥8,000/Keicondo

ラデュレの代名詞ともいえる優美なマカロン。そのマカロンコックを使って提案する季節のパティスリーに、茶葉の香りを楽しむふたつの新作が登場した。「マカロン・グルマン・マング・アナナ・ジャスマン」は、緑茶とジャスミンが香るクレーム・シャンティと、果肉感豊かなパイナップルとマンゴーのコンポートの組み合わせを、ドライ・ジャスミンを乗せたマカロンコックでサンド。「マカロン・グルマン・リュバーブ・テ・マリーアントワネット」は、紅茶にバラの花や柑橘類などを加えたラデュレのブレンドティー“テ・マリーアントワネット”のクレーム・シャンティと、繊維感を残した濃厚なリュバーブのコンポートを、同じくブレンドティーの茶葉を乗せたマカロンコックで挟んでいる。口の中にふわりと広がるエアリーな食感とともに、茶葉が醸す芳醇な香りがゆっくり鼻を抜ける。マカロンの繊細さ、フルーツの食感のアクセント、シャンティのなめらかさが融合する贅沢な時間を楽しんで。

ラデュレ青山店|LADURÉE Aoyama
東京都港区南青山5-9-15
tel:03-6418-5325
営)9時〜20時(9時~11時は朝食メニューのみ L.O.19時)
無休
www.laduree.jp

photo:TETSUO KITAGAWA, texte:AKARI MATSUURA, collaboration:KEI CONDO

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。