ヨシダハウス/広尾/フレンチ

深夜も大歓迎! 頼れる街の庶民派ビストロ。

今宵もグルマンド

今年1月にオープンしたばかりのビストロ、ヨシダハウス。安くておいしくてボリュームたっぷりと三拍子揃った庶民派フレンチだ。

メニューを見ればコースはなく、アラカルトのみ。キャロットラペやパテ・ド・カンパーニュ、牛ハラミステーキなどビストロの定番メニューがずらりと並ぶ。どれもボリューム満点なので、5000円もあれば十分満足できるはず。それも、吉田佑真オーナーシェフの「肩肘張らず(僕の)家に遊びに来るような気分で食事を楽しんでもらいたい」との思いゆえ。おすすめは色彩豊かな魚介のサラダ。燻製にしたり炙ったりとひと工夫した魚介類は、シェフ自ら豊洲まで出向いて仕入れる鮮度の高さも見逃せない。

1903xx-gourmande1-01.jpg

「豊洲で仕入れた新鮮な魚介のサラダ」¥1,490。締めサバの炙りやソテーしたヤリイカなどいずれもひと手間かけている。野菜も10種以上入り、ボリューム満点。

1903xx-gourmande1-02.jpg

「国産牛ほほ肉の赤ワイン煮」¥2,138。4時間煮込んだからこそ出る軟らかさ。グラスワインは¥756〜

1903xx-gourmande1-03.jpg

「タコの燻製とウフマヨネーズ」¥734

1903xx-gourmande1-04.jpg

広尾のこぢんまりした一軒家。

-gourmande memo-

クローズ時間は夜中の3時と夜更かし組には願ってもない一軒。食事はもちろん、小皿数種でワインを楽しむもよし、スープドポワソンやサラダを夜食代わりに食べるもよし。普段使いにもぴったり。

ヨシダハウス
東京都渋谷区広尾5-20-5
tel:03-5860-2139
営)18時〜翌2時L.O. 不定休
予算:¥5,000〜
座席数:カウンター7席、テーブル8席

*『フィガロジャポン』2019年4月号より抜粋

texte : KEIKO MORIWAKI, photos : YU NAKANIWA

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。