平野由希子の季節のおつまみ

柿とモッツァレラにかけるスパイスは......?

平野由希子の季節のおつまみ

柿の季節。柿はそのまま食べるよりも、生ハムと合わせたり、和え物にしたりとワインのための料理の素材としてよく使います。柿に含まれているタンニンはポリフェノールの一種。健康効果などは、もう言うまでもないでしょうが、柿を使った料理がワインに合うのには、そんな理由もあるようです。

最近はいつもの柿料理にスパイスをひと振りすることが気に入っています。使うスパイスはカルダモン。カルダモンの香りを柿に纏わせると、甘くエキゾティックな印象が強まります。届いたばかりのオイルのヌーヴォー、オリーブオイルノベッロもひと回し。ワインはボジョレーやオレンジワインなど軽やかなタンニンを同調させるとより一層その風味を楽しめます。

柿のスパイスカプレーゼ

201127-kaki.jpg

<材料 2人分>
柿 1個
モッツァレラチーズ 1個
オリーブオイル、カルダモン(パウダー) 適量

<作り方>
⒈ 柿は薄めのくし形切りにする。モッツァレラは包丁で切らずに手でちぎる。
⒉ 皿に1を並べ、オリーブオイルを回しかける。

平野由希子の季節のおつまみ。記事一覧へ

平野由希子

フランス料理とワインを愛する料理研究家。日本ソムリエ協会認定ソムリエ。2015年にフランス農事功労章を叙勲。近著に「ずっと使ってきた私のベストレシピ  平野由希子のル・クルーゼ料理」「和つまみ 呑ませる料理×合わせたいお酒」がある。instagramは@8yukiko76hirano  料理教室cuisine et vin主宰。http://www.yukikohirano.com
最近一緒に暮らし始めたという猫のクミンの様子は別のInstagramから@cumin_chatnoir

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。