平野由希子の季節のおつまみ

赤ワインと醤油で煮る鴨料理

平野由希子の季節のおつまみ

年末には鴨料理をよく作るのですが、私の定番料理のひとつ、赤ワイン醤油煮のレシピを。
鴨料理というと難しいように感じるかもしれませんが、フライパンで焼き色を付けたら、赤ワインと醤油、みりんとスパイスで煮るだけ。煮る時間も7〜8分です。余熱で火を通したら、中はロゼ色の火の通り具合。温かいうちはもちろんですが、4〜5日、日持ちがするので、ローストビーフや煮豚の様に冷製の肉料理としても使えます。簡単で誰にでも喜んでもらえるので、料理教室でも紹介するレシピです。鴨肉はお取り寄せをしてもいいかもしれませんね。私がよく購入するのはこちらのサイトです。
少し贅沢なお肉と赤ワインで、どうぞ良い年末をお過ごしください。

鴨の赤ワイン醤油煮

201222-hirano-01new.jpg

< 材料 3〜4人分 >
鴨胸肉 1枚
赤ワイン、醤油、みりん 各1/4カップ
クローブ 3粒 八角1/2個
黒コショウ 少々
金柑 2個
カルダモンパウダー 少々

< 作り方 >
1.鴨肉は皮目に斜め5mm幅ほどの切り目を入れる。
2.フライパンを熱し、油をひかずに、鴨肉を皮目から入れて中弱火でこんがりとした焼き色がつくまでゆっくりと焼く。反対側は色が変わる程度に焼く。
3.鍋に鴨肉、赤ワインとクローブと八角を加えて熱し、ひと煮立ちしたら、醤油、みりんを加える。煮汁をかけながら、弱火で7~8分煮る。そのまま冷ます。薄切りにして黒コショウを粗挽きにして振る。金柑を薄切りにして、カルダモンのパウダーを振ったものを添える。

平野由希子

フランス料理とワインを愛する料理研究家。日本ソムリエ協会認定ソムリエ。2015年にフランス農事功労章を叙勲。近著に「ずっと使ってきた私のベストレシピ  平野由希子のル・クルーゼ料理」「和つまみ 呑ませる料理×合わせたいお酒」がある。instagramは@8yukiko76hirano  料理教室cuisine et vin主宰。http://www.yukikohirano.com
最近一緒に暮らし始めたという猫のクミンの様子は別のInstagramから@cumin_chatnoir

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。