大自然への愛を刺繍に変える、コーラル&タスクのクリエイション。

特集

ナチュラルカラーのリネンを飾る、クマやキツネ、ネコにフクロウ。繊細なタッチの刺繍で描かれた動物や美しい植物たちはどれも愛らしい表情を見せ、まるで絵本の1ページをのぞいているかのよう。

NY発のインテリアグッズブランド「コーラル&タスク」は、自然体でおしゃれな子ども部屋づくりに欠かせないマストアイテム。そこには、ブランド名であるコーラル(珊瑚)とタスク(一角獣)がアメリカで幸運のシンボルを表すように、数々のチャーミングなモチーフたちが刺繍で描かれている。

今春夏の新作の紹介とともに、長年に渡り素敵なデザインを生み出しているデザイナー、ステファニー・ハウズリーに、その創作の原点や目指すものを聞いた。

190207-coral-and-tusk-06.jpg

コーラル&タスクのデザイナー、ステファニー・ハウズリー。

――ブランド誕生から10年以上が経ちますね。クッションや人形だけでなく、テーブルリネンや近年では洋服も作られていて、子どものみならず大人も惹き付けられるアイテムが多いです。コーラル&タスクは、子ども向けの商品からのスタートだったのですか?

ブランドのスタートは、友人の子どもへのギフトがきっかけなんです。母子が喜びそうなギフトを探していたんですが、理想的なものが見つからなかったので作ってみました。メモリーゲームというカードゲームを、布にさまざまな動物たちを刺繍して作りました。それがそのままブランドとなり、赤ちゃんのスタイを作りました。ギフトを選ぶ大人も可愛いと思えるような絵柄が、大人にも愛される理由かもしれません。

190207-coral-and-tusk-07.jpg

ニューヨークのスタジオの壁は、数々の試作品とイメージ写真で覆われている。

――愛らしい表情のポケットドールが、クッションに設えられた穴から出てくるなど、仕掛けも楽しいですね。

私は小さな時から、ポケットが大好きだったんです。自分の洋服にポケットが付いていなかったら、母にお願いして縫い付けてもらっていたほどです。ポケットがあるだけで、なんだかワクワクする! だから、作品の中にもポケットは多く登場していて、ちょっとした驚きを仕掛けてみたんです。

―― 膨大な数の刺繍デザインは、一体どのようにされているのですか?

手描きで絵を描いたものを特別な刺繍ミシンに取り込んで、色や密度を調整し何度も試作を重ねながら完成させていきます。刺繍自体は2000〜3000種類はあると思います。プロダクトでいうと300〜500種ほどですね。

190207-coral-and-tusk-04.jpg

手描きした絵をPCに取り込んで、色合いを考えていく。

190207-coral-and-tusk-05.jpg

美しい鳥の羽も、ブランドに多く登場するアイコン的存在だ。

---fadeinpager---

―― ニューヨークでスタートしたブランドですが、たくさんの動物たちが登場する理由は?

多くのデザイナーはきっと、自分が見てきたものにインスピレーションを得ると思うんですが、私の場合は動物と自然への愛そのものなんです。幼少期からとにかく動物が大好きで、家族でドライブをしていつも動物や自然を見に出かけていました。そこで芽生えた動物と自然への愛が、私のデザインのインスピレーション源です。

―― いまもニューヨークのスタジオから、自然や動物たちに出合いに行くのですか?

ずっとそうして旅をしてきたのですが、実は少し前に、ワイオミング州に移住したんです。5歳の時に、初めて家族で(ワイオミング州の)イエローストーンやグランドティトンを訪れました。当時の記憶を鮮明に覚えていますが、自然の奥深さが衝撃的で、いつかここに住みたいと思い続けてきたんです。その後、夫とともにワイオミング州には何度も訪れ、移住の構想を練り、ようやく夢が実現したんです。

190207-coral-and-tusk-12.jpg190207-coral-and-tusk-08.jpg

左:西部の山岳地帯に位置するワイオミング州は、アメリカで最も多様な野生生物が生息する場所。右:ステファニーの家は、深い森に囲まれた静かな場所に。

―― それは、素晴らしいですね。ワイオミング州ではどんな家で、どんな生活をしているのですか?

人里離れた山奥、とでも言いましょうか。私たちは築30年のログキャビンに住んでいて、10月から4月半ばまで大地は雪に覆われています。冬場は頭をゆうに超える雪を玄関からどけるのが、私の仕事になりました(笑)。当初は、冬のうちに1年間のコレクションをデザインして、素敵な夏を遊ぶ……という理想を描いていたのですが、冬はペンよりもシャベルを握っているわね(笑)。でも、本当に美しいんです。冬の静けさと言ったら、なんと表現していいか。住んでいないと出合えない、完璧な静けさと美しい瞬間に、いつも感動させられています。

190207-coral-and-tusk-09.jpg

木の温もりに満ちたログハウスの自宅に、コーラル&タスクの刺繍が映える。

190207-coral-and-tusk-13.jpg

コーラル&タスクの世界を凝縮したような、美しいベッドルーム。

---fadeinpager---

―― そんな雪深い場所から、美しい色合いの春夏の新作が生まれたわけですね。今回のシリーズは、動物ではなくフルーツ! 新しいデザインですね。

毎シーズン、何か新しいことにチャレンジしたいと思って制作しています。今期は、カラーパレットもぐんと鮮やかにして、生命力を感じる春らしいデザインを考えました。私が大好きなアメリカンチェリーやモモなど、フルーツが目の前にあるように、リアルなサイズ感で描いたんです。刺繍のタッチも、手に取れるような立体感と密度を加え、リアルさを目指しました。それに、蝶やハチドリなど、ラッキーなシンボルも加えています。

190207-coral-and-tusk-01.jpg

2019年春夏のフルーツのシリーズ。色鮮やかなテーブルリネン。

190207-coral-and-tusk-11.jpg

フルーツそのままのサイズ感にこだわった、美しい刺繍のシリーズ。

―― 天然リネンというパレットで、コーラル&タスクの美しい刺繍は常に進化をしているというわけですね。

刺繍の可能性をどこまで広げられるか、私に取って年2回のコレクションではいつも新しいデザインへの挑戦です。自分の作った布を、皆が家でどう使っているかを知るのも楽しいですね。

●コーラル&タスクの取り扱い:H.P.DECO

tel:03-3406-0313
春夏アイテムの販売は4月下旬より、H.P.DECOにて販売開始。
www.hpdeco.com

 

texte:MIKI SUKA, photos:WILL ELLIS

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。