【東京案内2019】静謐で美しい日本の古道具たち。

昨今の和ブームで、インテリアも、昔ながらの手仕事で作られた日本の古道具がいまの気分。現代の暮らしにすっとなじむ、新しい感性でセレクトされた古道具を揃える3軒を厳選。

特集

May 30, 2019

益子で評判の古家具屋が進出。

ペジテ青山 -表参道-

01-1-brocante-tokyo-190530.jpg

益子店の雰囲気に寄せた静けさの中で、古物と現代の陶磁器、服を取り交ぜたライフスタイルを提案。

栃木県の益子で人気の古道具屋が、昨年末ひっそりと青山にオープンした。幕末から昭和初期の家具や道具が、作家もののうつわや服とともに並ぶ。この時代の家具は、西洋の影響を受けて意匠やサイズ感が進化したもの。古びたままにせず、塗装を剝がして白木にするひと手間をかけることで、モダンな佇まいを際立たせている。暮らしになじむ、味わい深い家具を手に入れたい。

01-2-brocante-tokyo-190530.jpg

経年による扉や引き出しのガタつきもメンテナンスされた家具。引き出し棚¥162,000、照明¥51,840、額¥10,800

01-3-brocante-tokyo-190530.jpg

左から、会津本郷の焼き物¥7,560、銅の小物入れ¥4,860、オリジナルの照明¥32,400

01-4-brocante-tokyo-190530.jpg

青山の裏通りにまるで時が止まったかのような路地を発見。大きな壷が目印。

ペジテ青山
pejite aoyama

東京都港区南青山5-6-9 サウス青山マンション102
tel:03-6427-6131
営)12時〜20時
休)木

---fadeinpager---

個性あふれる古道具に、使い道の妄想が広がる。

白日 -浅草橋-

02-1-brocante-tokyo-190530.jpg

浅草橋の路地裏にある、昭和3年築の元歯科医院だった場所をリノベーションした。

世界にひとりでもほしいという人がいれば後世に残るのが、古いものの魅力。由緒やブランドではなく直感を大切に選んでほしいと話す店主。3つの部屋からなる空間に並ぶのは、錆びた鉄板、焼き物、びく、椅子などから、これ何? と尋ねたくなるものまで実にさまざま。使い道を考えながら見ていると、あっという間に時が経ってしまう。先入観を解き放って、個性あふれるものとの出合いを楽しもう。

02-2-brocante-tokyo-190530.jpg

明治期のものという蓮紋のガラス猪口は、5客で¥75,600

02-3-brocante-tokyo-190530.jpg

びく¥6,480、壷¥27,000、かつて煙突のパーツだった木の筒¥43,200などが並ぶ。

白日 
Hakujitu

東京都台東区柳橋1-24-1
tel:非公開
営)13時〜19時
無休
www.instagram.com/hakujitu_

---fadeinpager---

日常的に気軽に使える骨董品。

道具屋ノボリ -田原町-

03-1-brocante-tokyo-190530.jpg

道具屋ノボリには現代作家のうつわも、リーズナブルな価格から揃う。什器に使っている古家具も購入可能だ。

いま注目の蔵前エリアに誕生したのは、その名のとおり、家具、食器、グラス、台所用品をズラリと揃えた道具屋。古い、新しいの区別なく、毎日気軽に使えるものを基準にセレクト。なかでも日本の食器メーカー、ノリタケの70年代のカップ&ソーサーや伊万里焼の湯呑みなど、昭和レトロな古い食器は新鮮。現代作家のシンプルな皿と合わせて、テイストミックスを楽しんでみたい。

03-2-brocante-tokyo-190530.jpg

古めかしい食器棚やテーブルに、食器、グラス、キッチン道具が置かれている。

03-3-brocante-tokyo-190530.jpg

伊万里焼の絵付けの湯呑みはリーズナブルなのもうれしい。コーヒーやヨーグルトのカップとして毎日使えそう。各¥1,500〜

03-4-brocante-tokyo-190530.jpg

通りに面した木目調の外観が目を惹く。蔵前エリア散策の途中で立ち寄りたい。

道具屋ノボリ
Douguya Nobori

東京都台東区寿2-9-17
営)11時〜18時 
休)月〜水
https://fromafar.stores.jp

【関連記事】
<うつわディクショナリー>陶器、磁器、ガラスまで、いま注目のうつわ作家にインタビュー
京都の目利きの店は、才色兼備な道具の宝庫。
料理家の思いが詰まった食とうつわのセレクトショップ。

※『フィガロジャポン』6月号より抜粋 

photos : AKEMI KUROSAKA (STUH), réalisation : SAIKO ENA

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。