京都の伝統織物と北欧家具が出合ったら?

ニュース

京都にある天保14(1843)年創業の織物メーカー、川島織物セルコンは、呉服悉皆業からスタートし、現在は、帯・緞帳・祭礼幕などの伝統的な織物から、カーテン・カーペット・インテリア小物までをトータルに手がけている。そんな日本の織物のパイオニアとして、時代をリードし続けてきた川島織物セルコンは、織物の未来と100年後の川島織物セルコンを考える活動のひとつとして、これからの時代を担う新進気鋭の日本人ファッションデザイナー3名に、織物のデザインを依頼し、北欧家具メーカー、フリッツ・ハンセンの代表作エッグチェアに張り込むという企画を実現。

190314_all.jpg

この企画に参加するのは、青木明子(AKIKOAOKI)、井野将之(doublet)、堀内太郎(TARO HORIUCHI)の3名。それぞれが川島織物セルコンの工場や資料館を訪れ、そこから得たインスピレーションと川島織物セルコンの卓越した技術と職人技が見事に融合し、親しみのある北欧デザインに斬新な息吹を吹き込んだ。これらのコラボレーションチェアは、3月28日(木)より、フリッツ・ハンセン青山店でお披露目開始。ぜひ実物をその目で確かめてみて。

---fadeinpager---

190314_aoki.jpg

川島織物セルコンの工場を訪れた青木明子の目を引いたのが、ビロード織。引箔(ひきばく)と紋(もん)ビロードという織物技術を併用することで、”見る角度で色が変わる”と”透明感ある反射”というふたつの課題を両立させた。

190320_aoki_2.jpg

青木明子(あおき・あきこ) 1986年東京都生まれ。2009年女子美術大学ファッション造形学科卒業後、ロンドンのCentral Saint Martinsにてファッションを学ぶ。帰国後、コレクションブランドでアシスタンを経て、2014年よりウィメンズウェアブランド「AKIKOAOKI」をスタート。2018年2月、LVMH Young Fashion Designer Prizeショートリストにノミネートされ、同年11月には、毎日ファッション大賞新人賞・資生堂奨励賞、『VOGUE JAPAN』が国内外のファッションシーンで活躍する新世代女性を応援するために贈る「Rising Star of the Year」を受賞。

---fadeinpager---

190314_ino.jpg

「名作エッグチェアに今までおそらく張ったことのないレンチキュラーの素材を使うことで、革張りの反発がある座り心地なのか、包まれるようなビロードの座り心地なのか、ウッドベンチの硬い座り心地なのか。座ったときの座り心地を想像できない好奇心をくすぐる椅子ができればと思ってデザインしました」と語る井野将之。レンチキュラーシートを引箔で織り込み、井野が自身のブランドでも多用する”見る角度で変化がある”素材の織物バージョンに挑戦。

190320_ino_.jpg

井野将之(いの・まさゆき) 1979年群馬県生まれ。東京モード学園卒業後、企業デザイナーとして経験を積んだ後、MIHARAYASUHIROにて靴・アクセサリーの企画生産を務める。その後、パタンナーの村上高士とともに「doublet」を立ち上げ、2013年春夏シーズンの展示会でデビュー。2013年「2013 Tokyo新人デザイナーファッション大賞」プロ部門に最優秀として選出。2017年には「Tokyo Fashion Award2017」に選出され、パリでの展示会開催および2017年秋冬東京ファッションウィークにて、初のランウェイショーを開催。2018年「LVMH PRIZE」にてグランプリを受賞。

---fadeinpager---

190314_horiuchi.jpg

川島織物セルコンの資料館で、堀内太郎が見た作品群のなかでも、特に美しいと感じたのが、緞帳の製作過程で職人が描く下絵。織物の歴史と工程そのものに着目したデザインは、長年、当たり前のように使われてきた「織下絵」がインスピレーション源。アーカイブの中から選んだデザインを再構成・リデザインし、緞帳用の織り機で製織した。

190320_horiuchi_.jpg

堀内太郎(ほりうち・たろう) 1982年東京生まれ。2007年アントワープ王立美術アカデミーを首席で卒業後、「タロウ ホリウチ」を2010年春夏コレクションからスタート。2012年、第30回毎日ファッション大賞新人賞・資生堂奨励賞受賞。2018年、メンズライン「th」を新たに立ち上げる。2019年1月には展覧会「th presents Ronald Stoops Exhibition "WORK RONALD FRIENDS" 1980s-2018」のディレクターも務めた。

織物屋の試み 展 -ファッションデザイナー編-
会期:2019年3月28日(木)~4月7日(日)12:00~18:00
会場:フリッツ・ハンセン青山本店(東京都港区北青山3-10-11 1F&B1F)
www.kawashimaselkon.co.jp/event/kokoromi2019

 

texte:NATSUKO KADOKURA

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。