うつわディクショナリー

うつわディクショナリー#61 使うことを楽しんで生まれる愛しい一皿、藤本羊子さんのうつわ

うつわディクショナリー

朝ごはんの時間を大切に

陶芸家の藤本羊子さんは「おはよーこ」の言葉とともに、ほぼ毎日、自身のうつわを使った朝食の風景をインスタグラムに公開。ふわふわのパンと旬の野菜やフルーツをのせたプレートやカップは、ブルー、オレンジ、イエロー、ピンクなど食材の色に合わせて細やかに使い分けられ、うつわ作りはもとより、暮らしを心から楽しむ様子にあふれています。作ることも使うことも心から楽しむ、藤本さんとうつわの関係とは?
 
20190712-3.jpg
—藤本さんは、大学で陶芸を専攻したそうですね。
藤本:大阪芸大で陶芸を専攻してひと通りの技法を学びましたが、芸大ということもあり作っていたのは、大きな立体作品でした。旅の風景や地形をイメージしたもので。不器用なんですが粘土という素材は自分に合っていたみたいで大学院まで進みました。
 
—ストーリーや風景を感じさせるというところは、いま作っているうつわの色やかたちに通ずるような気がします。うつわを作るようになったきっかけは?
藤本:立体作品を作っていた頃は、うつわを作るなんて夢にも思っていませんでした。大学院を出てからは、突然、パン作りに興味がわいて、パン屋さんで働いてパン作りを覚えました。その後、縁あって徳島に移り住んだのを機にパン教室やイベント出店をしながら陶芸を再開したんですけど、試しにうつわを作ってみたら欲しいといってくれる方がいて、自然の流れで作るようになっていったという感じです。今はうつわを作る日々のなか、時々ティールームや喫茶店のためにパンを焼く生活をしています。
 
—うつわ作りもパン作りも、生地をこねて、成形して、焼く、という共通点がある。藤本さんの中でどこか繋がっているのかもしれませんね。作品は、手作りらしいゆがみや柔らかさのあるうつわです。作るときは何を意識していますか?
藤本:私は、ろくろではなく、手びねりという紐状にした粘土を重ねてすこしづつかたちづくる技法を使うんですが、それは、彫刻を作るようにうつわを作りたいからなんだと思うんです。
 
—芸大出身ならではの彫刻のようなうつわ、なんですね。手びねりだと、どういう表現が可能なんですか?
藤本:触っていると土が行くべき方向を教えてくれることもあったりするほど、作りながら発見して想像しながら進めることができるんです。どんなかたちにしようか、ゆがみはあったほうがいいか、薄さはどうしようかと、その都度じっくり考えながら進むことができるのが好きですね。それにフリーハンドで描いたような線や表情の器に料理を盛りつけるのって楽しいです。
 
—インスタグラムで「おはよーこ」の言葉とともに綴られる、朝ごはんの風景がハッピーなオーラに溢れていて。たくさんの方を幸せにしていると思います。
藤本:朝ごはん、大好きなのでそうだったらとてもうれしいです。テーブルに、いろんな質感の陶器、磁器、ガラス、木のもの、カトラリーとパンを並べて……と考えるのは楽しいですよね。今回の個展では、定番の他に磁器も作ります。使う方に食卓の風景を想像しながら見てもらえたら嬉しいです。
 
※2019年11月23日〜29日まで、ENCOUNTER Madu Aoyamaにて個展を開催予定です。
初日は事前抽選(応募期間:10/30〜11/10)で当選された方のみの入店となります。詳しくはHPにて。
 
20190712-42.jpg
今日のうつわ用語【手びねり・てびねり】
ろくろを使わずに、紐状の粘土を重ねたり、土の塊を指先で伸ばしつつかたちを整える方法。
【PROFILE】
藤本羊子/YOKO FUJIMOTO
工房:徳島県
素材:陶器、磁器
経歴:大阪芸術大学で陶芸専攻ののち大学院へ進学。オブジェの制作、発表をする。パン屋に勤務ののち、徳島に移住し陶芸を再開。現在にいたる。1980年大阪府生まれ。 https://www.instagram.com/yokofujimoto/?hl=ja

ENCOUNTER Madu Aoyama
東京都港区南青山5-8-1 セーヌアキラ1F
Tel. 03-3498-2971
営業時間:11時〜20時
不定休
http://www.madu.jp/
✳商品の在庫状況は事前に問い合わせを

『藤本羊子 うつわ展』開催予定
会期:2019年11/23(土・祝)〜11/29(金)
*初日11月23日(土)11時〜17時30分は事前抽選応募で当選された方のみの入店。詳しくはHPを確認のこと。

photos:TORU KOMETANI realisation:SAIKO ENA

衣奈彩子

ライター、エディター

「フィガロジャポン」編集部を経て独立。うつわを中心に工芸、インテリア、雑貨など暮らしにまつわる記事を執筆。うつわと食を愉しむ提案をするUTSU-WA?主宰。著書に『うつわディクショナリー』(CCCメディアハウス刊)、『料理好きのうつわと片づけ』(河出書房新社刊)。編集した書籍に『どっちつかずのものつくり』(安藤雅信著・河出書房新社刊)。http://enasaiko.com

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。