MHD ヴーヴ・クリコ「ラ・グランダム 2015」と美食のペアリング体験!

Lifestyle 2023.05.16

PROMOTION

ヴーヴ・クリコは、シャンパーニュ地方の「ラ・グランダム(偉大なる女性)」と称えられたマダム・クリコへのオマージュを込めた最高峰シャンパーニュ「ヴーヴ・クリコ ラ・グランダム 2015」の発売を記念し、「ラ・グランダム 2015 ガーデンラウンジ」を5月26〜28日の3日間限定で、東京ミッドタウン日比谷内のDRAWIN G HOUSE OF HIBIYAにて開催。

230511-v-01.jpg

会場は、「ガーデンラウンジ」のコンセプトにふさわしいDRAWING HOUSE OF HIBIYA。ここの空中庭園は、日比谷公園や皇居外苑など、東京の真ん中にいながら緑豊かな眺望を誇る。

本イベントでは、和歌山県「villa aida(ヴィラ アイーダ)」の小林寛司シェフによるペアリング体験が楽しめるのが大きな目玉。ヴィラ アイーダは、2021年に「ミシュランガイド京都・大阪+和歌山 2022」の2ツ星、ミシュラングリーンスター(*)をダブル受賞、2023年には「Asia's 50 Best Restaurants(アジアのベストレストラン50)」14位を2年連続で獲得するという快挙を成し遂げ、現在、ガストロノミー界でもっとも注目されるレストランのひとつ。その小林シェフが、ラ・グランダム 2015のために考案したフードペアリングを堪能できるランチ、ディナーセッションに加え、ラ・グランダム 2015をグラス1杯から楽しめるアフタヌーンティーセッションと、シャンパーニュ・ティスティングの4つのセッションを3日間限定で用意。

ラ・グランダムは、「グラン・クリュのブドウには “グラン・クリュ”の野菜を」というマダム・クリコの信念のもと、「ガーデン・ガストロノミー」というガストロノミー体験を提唱。これは、世界中のシェフたちとパートナーシップを組み、ガーデンで採れた野菜やハーブを駆使し、彼らのクリエイティビティとクラフトマンシップによって、究極の食体験を提供するというもの。そんなマダム・クリコの信念と、季節とともに変わる自然や畑を通し、あくなき料理への探究を続ける小林シェフと出会い実現した今回のフードペアリングでは、自然の恵みを贅沢に使用した料理の数々とともに特別なガーデン・ガストロノミー体験を楽しめる。

「ラ・グランダム 2015は、とても繊細で華やかなイメージだったので、そこからインスピレーションを受けて、料理を考案しました。その土地・その場所で、その時期に採れた新鮮なものを合わせる、ということを、料理においていちばん大切にしているため、今回は旬の食材であるホワイトアスパラガスを使用しました。また、ラ・グランダム 2015のエチケットのようなカラフルな彩も意識したひと皿としました。この料理とラ・グランダム 2015の特別なマリアージュを、ぜひ皆さんにお楽しみいただきたいと思います」と小林寛司シェフは意気込みを語る。この至高のフードペアリングをぜひこの機会に堪能して。

*…持続可能なガストロノミーに対し、積極的に活動しているレストランにミシュランが与えた称号。

---fadeinpager---

230511-v-02_MUG0907.jpg

ヴーヴ・クリコの最高峰シャンパーニュ「ヴーヴ・クリコ  ラ・グランダム 2015」のラベルとギフトボックスを手がけたのは、イタリア人現代アーティスト、パオラ・パロネット。「ラ・グランダム 2015 ガーデンラウンジ」は、彼女の世界観を表現した色彩豊かな空間で訪れる人を迎える。「ヴーヴ・クリコ  ラ・グランダム 2015 × パオラ・パロネット」シャンパーニュ 750ml ¥29,370

---fadeinpager---

230511-v-03_MUG1991.jpg

ランチとディナーで提供予定の「ホワイトアスパラ /ビーツ /タマネギ /マスタード」。ラ・グランダム 2015と旬のホワイトアスパラガスのマリアージュを楽しんで。

---fadeinpager---

230511-v-04_MUG0922.jpg

小林寛司(こばやし・かんじ)「ヴィラ アイーダ」オーナーシェフ。1973年和歌山県生まれ。辻調理師専門学校卒業後、大阪のイタリアンレストラン「アルバ」に2年勤め、94年、21歳で渡伊し、イタリア各地のレストランで修業。96年からカンパーニャ州ソレントの3ツ星(当時)「ドン・アルフォンソ 1890」でパスタ部門のシェフを務め、98年帰国。同年12月、実家が持つ田んぼの真ん中に「リストランテ アイーダ」をオープン。2007年に現在のスタイルに改装し、「ヴィラ アイーダ」として再出発。レストランに隣接する自家菜園で、年間約100種類以上の野菜やハーブをマダムの有巳さんとともに栽培。その日に収穫した野菜やハーブを中心に、近隣の魚介、家禽、ジビエを合わせた料理を提供する「ガーデン・ガストロノミー」として、一日一組のみでゲストをもてなしている。著書に『自然から発想する料理』(柴田書店刊)がある。

公式サイトへ

ラ・グランダム 2015 ガーデンラウンジ

期間:5/26(金)〜28(日)
場所:DRAWING HOUSE OF HIBIYA
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷6F
内容:ランチ(12:30一斉スタート/着席スタイルにてコース料理を提供)¥18,700、アフタヌーンティー(15:00〜18:00 各回90分制/着席スタイルにて提供)¥6,600、ディナー(18:30より一斉スタート/着席スタイルにてコース料理を提供)¥18,700、シャンパーニュ・テイスティング(11:30〜20:30 各回90分制/スタンディング)ラ・グランダム 2015 1杯¥5,500
予約:https://lagrandedame2015-japanpopup.peatix.com
*ランチ、アフタヌーンティー、ディナーは事前予約制。テイスティングは当日ウォークインでの参加可。
*既定枚数に達成次第、販売終了となります。

text: Natsuko Kadokura

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest
フィガロワインクラブ
フィガロワインクラブ
Business with Attitude
パリとバレエとオペラ座と
世界は愉快

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories