おつまみと一緒に、気張らないおもてなし。 カボチャとビーツ、クミンチーズ焼きに、アルザスの白が寄り添う!

Gourmet 2021.12.30

おいしいヴァンナチュールが手に入ったら、楽しむための相棒がほしくなる。ホームパーティやアペロにぴったりなレシピとお取り寄せを、プロに教えてもらった。

カボチャとビーツ、クミンチーズ焼き

2111xx-hirano6-01.jpg

リースリングやゲヴュルツトラミネールなどをブレンド。アロマティックな中に潜むコクには、アルザスのマンステールチーズを使ったカボチャのホクホク感が楽しいオーブン料理を。

<材料(2~3人分)>

カボチャ…1/6個
ビーツ…小1個
ウォッシュチーズ(マンステールなど)…50g
シュレッドチーズ…30g
松の実…大さじ1
クミンシード…小さじ1

---fadeinpager---

<作り方>

1. カボチャは種とわたを取り、7mm程度の厚さに切る。ビーツは皮付きのまま、竹串がすっと通るくらいまで茹でる。皮をむき、7mm程度の半月切りにする。ウォッシュチーズは薄切りにする。
2. 耐熱皿に1のカボチャとビーツを並べる。ウォッシュチーズ、シュレッドチーズ、松の実、クミンシードをちらす。
3. 2を180度のオーブンで約30分焼く。

2111xx-hirano6-02.jpg

●750ml ¥5,500 ダブリュー tel:非公開 https://winc.asia

Yukiko Hirano|平野由希子
料理家、J.S.A 認定ソムリエ。大井町のユイットなど、ビストロ・ワインバーのオーナーでもある。『ソムリエ料理家のワインを飲む日のレシピ帖』(KADOKAWA刊)など、レシピ本も多数上梓する。

*「フィガロジャポン」2021年12月号より抜粋

photography: Akemi Kurosaka collaboration: Utuwa

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories