ドン ペリニヨンの最新ヴィンテージがお披露目に!

Gourmet 2023.05.10

シャンパーニュにおける重要なプロセスのひとつ、アッサンブラージュ。さまざまなスティルワインをブレンドする作業を指す。たぐいまれで芸術的なアッサンブラージュから生まれる唯一無二のシャンパーニュ、それがドン ペリニヨンだ。

230509__DSC5765check.jpg

「ドン ペリニヨン ヴィンテージ 2013」(ギフトボックス付き) 750 ㎖ ¥37,400

そのアッサンブラージュを指揮、シャンパーニュを造り出すのが醸造最高責任者のヴァンサン・シャプロン。最新ヴィンテージを引っ提げ、この春来日を果たした。

230510_DP_2013_0093_1-x.jpg

醸造最高責任者のヴァンサン・シャプロン。

ドン ペリニヨンの聖地であるシャンパーニュ地方のオーヴィレール修道院をイメージし、霧に包まれた幻想的な空間で発表されたのは「ドン ペリニヨン ヴィンテージ 2013」。この2013年という年は、悪天候と好天候、極端な天候が交互に訪れたという。そのため、収穫時期は10月となり、かなり遅摘みに。(過去には8月と、かなり早い時期に収穫することもあった)

230509__DSC5945check_2.jpg

会場は、オーヴィレール修道院をイメージ。

その味わいは、ピンクグレープフルーツのようなフルーティさ、フレッシュでいきいきとした酸……そして余韻として残る芳醇なアロマ。2013年と、約10年前のシャンパーニュを飲むことについて「時の“層”を飲む」と表現したヴァンサン。過去、現在、未来を繋ぐため「ハーモニーすなわち調和を大切にしている」と彼は続けた。

230509__DSC5800check.jpg230509__DSC5845check.jpg

ローンチに際し供された一夜限りの料理は、ラ・シームの高田裕介シェフによるもの。

「ドン ペリニヨン ヴィンテージ 2013」とともに供されたのは、大阪、ラ・シームの高田裕介シェフによる料理。高田シェフは「ドン ペリニヨン ソサエティ」のメンバーでもあり、23年のアジアベストレストラン50でも8位に選ばれるほどの実力を持つ。苦味のある山菜や春の野菜を盛り込んだ彼の料理が、美しい酸を持つ「ドン ペリニヨン ヴィンテージ2013」と見事にマリアージュ。一期一会の味わいが、より一層2013年というヴィンテージを印象付けた。

長い熟成期間を経てこそ生まれるドン ペリニヨンのエレガントな味と豊かなハーモニー。ひと口味わえば、ヴァンサンが語った「時の層を飲む」、その意味がわかるだろう。

●問い合わせ先:
MHD モエ ヘネシー ディアジオ
tel:03-5217-9732
公式ウェブサイト
www.domperignon.com
Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

世界は愉快
フィガロワインクラブ
Business with Attitude
パリとバレエとオペラ座と
BRAND SPECIAL
Ranking
Find More Stories