芸術作品に包まれて眠る、夢のような体験を アートの倉庫を覗けるのは宿泊者のみ! カイカ東京バイザシェアホテルズ(東京)

Travel 2022.09.15

2209xx-stayatart-4.jpg

2209xx-stayatart-5.jpg東京のクリアギャラリー(上)とユミコチバアソシエイツ(下)のアートストレージ。 それぞれが保管している作品を一部展示しているため、好みのギャラリーを見つけるきっかけにもなる。

ホテルの中で、現代アートを公開保管。

築56年の倉庫をリノベーションしたというホテルは、一見すると普通の宿泊施設だが、その秘密は1階と地下1階にある。クリアギャラリーからボイルドまで、8つの人気アートギャラリーがその共有部を“アートストレージ”として利用し、美術作品を公開保管。普段は目にすることができないアートの裏側を垣間見ることができる。ホテル名の「カイカ」には「開架」という意味に加えて、日本のアート文化を広め「開化」させたい、アーティストの才能「開花」をサポートしたいという思いが込められている。そのような背景から、館内では一般公募によって集められた若手アーティストたちの作品も展示。作品によっては、実際に購入できるものもある。

---fadeinpager---

2209xx-stayatart-27.jpg

アートストレージがある地下1階は、宿泊者のみ7時から23時まで自由に立ち入ることができる。写真撮影も可能だ。 

2209xx-stayatart-26.jpg

一般公募で展示が決まった、近藤七彩の作品『奇ッ怪家具』

---fadeinpager---

2209xx-stayatart-25.jpg

こちらも一般公募から横村葵の作品『アパートメント』。 館内のどこに飾るかは作家自身が決めているとか。QRコードを読み込むと、本人による音声ガイドを聞くことができる作品もある。

2209xx-stayatart-28.jpg
昨年、新たにギャラリールームエーが1階にオープン。こちらは宿泊者以外でも利用可能。キュレーター青木彬とアートプラットフォームのアートスティッカーが共同で運営している。
カイカ東京バイザシェアホテルズ

東京都墨田区本所2-16-5
tel:03-3625-2165
全73室 バスタブ付き71室、シャワーのみ2室
1名¥12,300〜(朝食付き)
www.thesharehotels.com/kaika

「芸術作品に包まれて眠る、夢のような体験を。」特集トップへ

※『フィガロジャポン』2022年9月号より抜粋

photography: Yuka Uesawa

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories