次号予告

フィガロジャポン2019年8月号は2019年6月20日(木)発売です。
 

新しい魅力発見
まだ見ぬ台湾。
 

みんな大好き台湾だけれど、ガイドに出てくるのはいつも同じアドレスだし、結局いつも台北にばかり行ってしまう……。
そんな台湾好きのあなた、地方にこそ台湾のよさはあります。手つかずの原風景やそこに住まう人々の
温かいおもてなしの心、郷土料理に南国ならではのフルーツ。「食べる」「買う」だけじゃなく、
この国の温かさを五感いっぱいに感じる文化体験の旅。いままでとはちょっと違った、まだ見ぬ台湾へ出かけてみませんか。

原風景が残る東海岸・台東で、
伝統民族の文化に触れる。

[都ドゥラン蘭]海と太陽、サーファーに愛される芸術の村。   
[池ツーサン上]青い稲田がどこまでも続く、田園風景に癒やされて。
[利リージャー嘉]ここでしか食べられない、伝統料理を目当てに。 
[台タイドン東]食もクラフトも、ハンドメイドが合言葉。

レトロな街並みが残る台南市、
美食ざんまいの散策。

郷土料理◆小吃の名店で舌鼓! 台南フードをいただきます。 
スイーツ◆かき氷にスムージー、温暖な気候のフルーツ天国。
夜カフェ◆リノベブームを牽引する夜カフェで、寛ぎタイム。 
古民家◆温かくて懐かしい民宿で、古都・台南を肌で感じる。
台湾土産◆食材、雑貨……お土産は台南限定品に決めた! 
 

台南から足を延ばした田舎で、
ひと味違う体験を。

[玉ユージン井]マンゴーの聖地で、マンゴー料理やジャム作り。  
[東ドンサン山]知られざる名産、コーヒーに親しむ。

台湾の山岳地帯で楽しむ、
新しいリゾートのカタチ。

[花ホァーリエン蓮]台湾のルーツを辿りに、蓮の花咲く桃源郷へ。  
[台タイゾン中]山間の自然に佇む、星のやグーグァンで極上ステイ。

綴じ込み付録
いま、台北でしたい11のこと。

古民家を改装したノスタルジックな空間に、素材にこだわった丁寧な料理。
背景にあるカルチャーまでゆったりしっかり味わうのが、正しい台北の楽しみ方です。
 
01 美的リノベ空間を訪れる
02 街いちばんの朝ごはん
03 小さなギャラリーで飲む台湾茶
04 いまどきマーケット神農生活散策
05 漢方で自分のカラダと向き合う
06 グルメな地元っ子が愛する食堂
07 イチ押し絶品スイーツ
08 台湾クリエイターの手仕事に出合う
09 進化する台湾料理最前線
10 台湾のクラフトビールでチルアウト
11 小さくて可愛いホテル
 
Mode 
秋の気分を先取り、
プレフォールコレクション。
久々にクラシックへ回帰しそうなこの秋冬。
おしゃれ好きならいち早くそんなムードを取り入れたい。
ルイ・ヴィトン/ボッテガ・ヴェネタ
 

Beaute 
香りと私の新しい関係。

Homme 
妻夫木 聡 澄んだ瞳の奥に見せる、俳優の真価。

Document
セシリエ・バーンセンが見たニッポン。

 
特集内容は予告なく変更することがあります
 

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。