次号予告

フィガロジャポン2019年2月号は2018年12月19日(水)発売です。

懐かしくて可愛い、
ポルトガル。

パリジェンヌをはじめ、ヴァカンス好きのヨーロピアンたちがまるで恋してるみたいに夢中なポルトガル。
ヨーロッパ最西端の異国の地には、いったい何が待っているのだろう? 古きよき伝統を大切にしながら新たな風が吹き始めている。
リスボン、若手クリエイターが集まるポルト、郷愁を誘う水の都アヴェイロ。あなたもきっとポルトガルに恋してしまうはず!

抜けるような青空の下、リスボンの街を探索。
老舗が連なる街の中心地シアードと、パリジェンヌも注目の
最新エリア、プリンシペ・レアル。どちらもリスボンの心地よい素顔。

岡尾美代子が見つけた、ポルトガルの可愛いもの。
刺繍入りレースに、おばあちゃんが作る手芸品、カラフルな陶器……乙女心がくすぐられながら思わずくすり、な雑貨たち。

甘くて黄色い、ポルトガルのお菓子図鑑。
パステル・デ・ナタ(エッグタルト)だけじゃない、
素朴な味に癒やされる多種多様な伝統菓子。

地元っ子がつめかける、シーフード自慢の店。
大西洋に面したポルトガルは、まさに魚介天国!
シンプルだからこそ引き出される素材の味を堪能して。

いまどきホテルは、デザインで選ぶのが正解です。
可愛い派もおしゃれ派も大満足、デザイン自慢のホテルが粒揃い。

▶リスボンから行く郊外
アレンテージョで体感、手仕事と特別なステイ。

クリエイターが夢中、ポルトですべき7のこと。
若いアーティストたちが移り住み、おしゃれなエリアが広がっているポルト。
いまいちばんフレッシュな街を空気感ごと堪能。
 

●ほっこり可愛いアートに出合う ●新感覚のネオ・ポルト料理に舌鼓
●世界でいちばん美しい本屋を訪れる ●飲む宝石、ポートワインのカーヴを探検…ほか
▶ポルトから行く郊外
水の都アヴェイロで、温もりのうつわ巡り。

Beaute 
ボーテスター、キレイの投資How much?
フィガロジャポンボーテスターたちは、自分の美と健康のためにどう投資する? 

Mode 
コムアイが着る、クルーズコレクション。
独特のファッションでも注目されるミュージシャン、コムアイが最新クルーズを纏って登場。

春夏気分をいち早く! シーズン先取りは小物から。
いま欲しいのは、私に心地よいランジェリー。

Document 
孤高の天才、サリンジャーが
教えてくれたこと。
エマ・ストーン、香り立つ感性。
ファンタジーに包まれる、
ジャン=ポール・グードの世界。

特集内容は予告なく変更することがあります

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。