CHICHI PARIS ~パリに住むエステティシャンのblog~

パリ市内、マスク着用義務のおかげで空き巣逮捕へ。

フランスは18日に新型コロナウイルス新規感染者が464,769人となり過去最多を更新しました。パリでは薬局の前にテントが設置されていて、抗原検査なら予約なしで直ぐに受けられるので、検査数も多いのですがそれにしてもすごい数!フランスの人口が6739万人で、今日までの感染者合計数が1390万人。このまま毎日46万人が感染し続けたら、全国民が感染して収束するだろうという予測が現実味を帯びてきたような勢いです。
 
この前、スーパーにいたらマスクを着けていないおじさんが独り言をブツブツ言いながら入ってきた。ちょっと危ない人かもしれないし、他のお客も見て見ぬ振りをしていたら、レジのお姉さんが「店内ではマスク着用が義務付けられています!」と勇敢に注意した。すると、おじさんは「金がなくてマスクを買えねえんだよ!マスクくれよ!」とお姉さんに詰め寄り、レジのお姉さんが売り物の布マスクを渋々おじさんに渡すと、おじさんはマスクの代金は払わずに他の品物の代金だけを払ってプイと出て行ってしまった。立派な犯罪じゃないの!脅してマスクを巻き上げたおじさんといい、先日観に行ったオペラでマスクをわざわざ顎までずらして叫んでいたおばさんといい、こういう人達から感染するのは絶対に御免だ。
 
626791-.jpg
先週、パリ行政裁判所がパリの野外でのマスク着用を義務付けた県令を「野外のあらゆる場所で義務付けるのは、不合理で不適切で自由を侵害する」として一時的に停止しましたが、パリ市警が新たに法令を出して、パリの特定の場所での屋外でのマスク着用が義務付けられることになりました。その特定の場所とは、フリーマーケットやマルシェ、公共空間にできる行列、10人以上のデモや集会、公共交通機関の待合室や停留所、駅やショッピングセンターや学校や礼拝所の出入り口周辺など、常識的な範囲内。
 
Panneau_masque_métro.jpg
 
Il-y-a-eu-lundi-plus-de-400-000-cas-de-covid-19-en-France-selon-de-nouvelles-donnees.jpg
ところで、パリ行政裁判所が野外でのマスク着用義務を停止する数日前のこと。いつもエステに来てくださるマダムが1時間家を空けた際に、空き巣が入り宝石や時計、PCなどをごっそりと盗まれてしまった。
 
アパルトマンのセキュリティカメラには、住民ではない3人の若い男性が出入りする姿が映っており、その数時間後には彼女のアパルトマンがある7区から遠く離れた12区で3回クレジットカードが使用されていた。12区には中古のPCを売る店が並ぶ通りがあるので、おそらく盗んだ足で3台のPCを売り払いに行ったというのが警察の予想。そして、マダムが殆ど諦めかけていたその翌日、犯人のひとりを逮捕し、さらにPC以外の品物が見つかったと警察から連絡が入ったのです。
なんと、20区で犯人のひとりがマスクをしないで歩いていたのを警官が怪しく思い、身体検査をしたらジャケットのポケットから(マダムの家から盗んだ)ライヨールの折りたたみナイフが出てきた。街中で掌の幅よりも長いナイフを携帯するのは禁止されている。そこで、持っていた鞄の中身を調べると、中から女性物の高級ブランドの時計や宝石などが出できて、その若者は即お縄に。もともと何か怪しい雰囲気があったから呼び止められたに違いないけれど、その折りたたみナイフを携帯していなかったら袋の中身を調べられることもなかったかもしれないわけで・・・。掌の幅より長いナイフの携帯禁止のことは今回の件で初めて知りましたが、もっと驚いたのはそのナイフをいつもバックに入れて携帯していたマダム。毎日行きつけのレストランで昼食をとる彼女は、ステーキを食べるときにレストランのナイフの切れ味が悪いからと、そのマイナイフを使って食べていたからです。
couteau-laguiole-avec-manche-en-pointe-de-corne-blonde.jpg
パリは空き巣がものすごく多い。安全な地区を選んで住んでいても、安全な地区や高級住宅街ほど空き巣に狙われる確率が高くなる。私も過去に3回空き巣被害に遭ったけれど、盗まれた物は何一つ戻って来なかったし犯人も捕まりませんでした。荒らされた部屋にショックを受けて落ち込む暇もなく、警察や保険の手続き、壊されたドアの修理などやるべき事も多く、疲労困憊して後々まで傷付きました。10年前にも悪質な空き巣の被害に遭い、数年前には田舎の別荘も荒らされたマダムは盗まれた物が戻ってきて大喜び。マスク着用義務のおかげで、良いこともあったという出来事でした(^ ^)

chichi

立神詩帆 / Shiho Tatsugami
2002年渡仏。エコール・フランソワーズモリスで学び、エステティック・コスメティックCAP国家資格を取得。2011年からパリ7区でエステサロンCHICHI(シシィ)を自営。All About のフランス流美容ガイドとして、パリジェンヌから学ぶ美容情報やライフスタイルに関するコラムを掲載中。
好きなものは、フランスの食文化、1日の終わりのアペリティフ、アルゼンチンタンゴ、旅。

www.chichiparis.com
https://allabout.co.jp/gm/gp/1693/
Instagram: @chichi_paris7

ARCHIVE

MONTHLY

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories