Comme d'habitude 〜パリ・東京行ったり来たりblog〜

パリ4区☆Église Saint-Louis-en-l'Île

☆パリブログ☆

パリのセーヌ川の中州にあるシテ島とサン・ルイ島。

パリ発祥の地として知られるシテ島は、言わずと知れた観光メッカ☆

ノートルダム大聖堂を筆頭にステンドグラスが美しいサント・シャペルやマリー・アントワネットが投獄されていたコンシェルジュリーがあり、通年賑わうエリアです。

お隣りにありながら、そんなシテ島とは対照的に落ち着いた雰囲気で、ひっそりした空気を醸しているサン・ルイ島を歩くのが好き。

という訳で、お天気の良い週末などによく出かけています。

IMG_1232 copy.jpg

ここに来たらお参りに立ち寄るÉglise Saint-Louis-en-l'Île(サン・ルイ・アン・リル教会)

久しぶりに訪れると、あら〜!と、ここもだいぶ大がかりな改修工事中。

IMG_1258 copy.jpg

それにしてもパリの街は、只今絶賛工事中だらけ。

来年、2024年のパリオリンピックを目指して急ピッチで進める工事も多い様子ですが、歴史的建造物が多いだけにじっくりゆっくりの修復時間を要する所は、完成はオリンピック後のところも少なくない感じ。

IMG_1255 copy.jpg

突貫工事ではなく、これからも永く大切に守られる必要があるのだから、オリンピック云々とは関係なく工事を進めることには個人的には賛成です。。

Église Saint-Louis-en-l'Île(サン・ルイ・アン・リル教会)もすっかり覆われて、中には入れないのかな?と思いきや修復中でも見学、お参り可能。

頭部に気をつけながら中へ。

IMG_1256 copy.jpg

内部も主祭壇はじめ、あちこち修復中ではあるものの、その修復途中から垣間見れる宗教画や彫刻、ステンドグラスは美しく、小さいながらも見どころ多数でちょっと穴場的なこの教会は、サン・ルイ島唯一の教会。

IMG_1242 copy.jpg

その歴史は、建築家フランソワ・ ル・ヴォー(彼の兄ルイも建築家で ヴォー・ル・ヴィコント城、ルーヴル宮殿拡張、ヴェルサイユ宮殿造営などに携わったフランス、ルイ14世時代の代表的建築家)により1664年に建築着手され1726年に完成したバロック様式。

IMG_1241 copy.jpg

ドラマチックにゴールドが美しいドーム。

IMG_1246 copy.jpg

工事幕が外されたら、きっともっと美しく輝くステンドグラス。

IMG_5253 copy.jpg

IMG_1245 copy.jpg

聖母子像

IMG_1251 copy.jpg

Sainte Geneviève(聖ジュヌヴィエーヴ)像

IMG_1247 copy.jpg

彼女は、パリの守護聖人。

IMG_1248 copy.jpg

壊れてしまった彫刻のようですが、元々は大きく重い十字架を担っていたことが想像されるキリスト像は苦しそうで悲壮感が漂い胸を打たれました。

でも偶然その背後の壁の装飾が羽のようにも見え、救いを感じた瞬間でした。

IMG_5254 copy.jpg

島の名前の由来であるSaint-Louisは、フランス王国カペー朝第9代の国王ルイ9世。

IMG_1253 copy copy.jpg

IMG_1243 copy.jpg

完全に修復が終わったら改めて訪れたいÉglise Saint-Louis-en-l'Île(サン・ルイ・アン・リル教会)です。

IMG_1249 copy.jpg

<info>
Église Saint-Louis-en-l'Île(サン・ルイ・アン・リル教会)
19 Rue Saint-Louis en l'Île, 75004 Paris
 

*****おまけのTYO*****

コロナ前の日常を取り戻しつつある今日この頃、Tさんにいただいたのは台湾お土産。

IMG_8810 copy.jpg台湾と言えばやっぱりコレ♡

お土産話と共に美味しくいただきました。

IMG_8811 copy.jpg

KEICO

新潟県の老舗旅館に生まれ育つ。
上京、進学、就職、まさかの出逢い?で結婚し2004年渡仏。
現在は夫と共にパリ・東京を行ったり来たりな生活中☆
そんな毎日からのグルメ・ファッション・カルチャー・バカンスなどの話題を中心にブログ更新致します。

ARCHIVE

MONTHLY

シティガイド
フィガロワインクラブ
Business with Attitude
編集部員のWish List!
BRAND SPECIAL
Ranking
Find More Stories