Comme d'habitude 〜パリ・東京行ったり来たりblog〜

パリ6区☆ANIMA(アニマ)

ここ数年パリでは相次いで本格的ピッツェリア(ピザ屋さん)がオープン☆

ピザ好き、イタリアン好きの私には嬉しい限り。

fullsizeoutput_1210.jpg

そんな新規オープンの美味しい話題店は右岸に多かったのですが、左岸の6区、しかも大好きなrue Cherche-Midi(シェルシェ・ミディ通り)に今年オープンしたのが“ANIMA”(アニマ)

ここでピザを食べるなら!とピザ好きな友人夫妻と一緒にディネに出かけました。

IMG_8383.jpg

それぞれカラフルなカクテルを手に、とりあえずは乾杯☆

IMG_8387.jpg

ゴクッと一息ついたところで店内を見渡すと、なんとも左岸らしいモノトーンでまとめられたシックな店内。

テーブル席の他にオープンキッチンの前にはカウンター席があり、そこから見える大きなピザ窯もキラッと光ってなんだかクールだ♡

IMG_8393.jpg

前菜が一気に登場。

この日、7種類くらいあった中から4人それぞれが気になる一品を選んで計4種。

IMG_8389.jpg

もうすっかり他店との食べ比べが常になりつつあるヴィッテロ・トナート(仔牛のツナソースがけ)。

ツナクリームが軽めで滑らかクリーミー。

IMG_8391.jpg

パリでも珍しくなくなってきたタコ料理。

柔らかくて旨っ! 

トマトソースがすごくいい。

IMG_8392.jpg

仔牛のタルタル。

プレゼンテーションは素っ気なくシンプルだけれど、お味はカジュアルなピッツェリアというよりレストラン級。

IMG_8390.jpg

ラングスティーヌのタルタル。

ここまで食べて、それぞれの前菜の美味しさに一堂感激。

続くピザのへ期待が高まりました。

IMG_8388.jpg

もちろんワインはイタリアの赤。

重すぎない、でも味わいのある余韻の長いワインでした。

IMG_8394.jpg

(サルシッチャのピザ)

フランス人のピザシーンは、一人一枚。

たとえ家族でもシェアせず…な光景を目にすることが多く、この日もお隣りのテーブルのファミリーはそんな様子で食べていたけれど、生粋のジャポネ(?)な私たちはピザも前菜もシェア。

私達にとってはこのちょっとずつ色々が楽しく美味しく飽きない。

IMG_8395.jpg

イタリア王妃マルゲリータ・ディ・サヴォイア=ジェノヴァに由来するナポリピザ「マルゲリータ」は外せないな〜♡

どのお店もあるシンプルピザだけに、ドゥ、トマト、チーズのクオリティが誤魔化せない。

マルゲリータなのにトマトソースが無かったのが意外でしたが、逆にさっぱりめでペロリ。

IMG_8396.jpg

ブレザオラがたっぷりのピザ。

ブレザオラは、イタリアのロンバルディア州にあるヴァルテッリーナ地方が原産で、塩漬けの牛肉を赤ワインとハーブを使って熟成させたエアドライな感じの生ハムです。

IMG_8397.jpg

ドルチェは熟成バルサミコ酢をかけたパンナコッタと最後まで美味しくいただきました。

それにしてもパトロールエリアにこんなに雰囲気も良いピザ屋さんができて嬉しい♬

☆Belle et Bonne Blogも絶賛更新中☆
 
<info>
Anima(アニマ)
78, rue du Cherche-Midi 75006 Paris
01 40 47 90 41
https://anima.paris

 

KEICO

新潟県の旅館に生まれるも女将にならず、上京、進学、就職、まさかの出逢いと結婚。 約10年間のOL生活の後、2004年渡仏。 現在は夫と共にパリ・東京を行ったり来たりな生活中☆

そんな毎日からのグルメ・ファッション・カルチャー・バカンスなどの話題を中心にブログ更新致します。

ARCHIVE

MONTHLY

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。