Comme d'habitude 〜パリ・東京行ったり来たりblog〜

パリ7 区☆Mori Yoshida(モリ ヨシダ)

普段この辺りはなかなか来ないのですが、緑が多く落ち着いた感じ。

あの銅像は誰?と思ったら、Louis Pasteur(ルイ・パスツール)。

パスツールは言わずと知れたワクチンの開発などでも知られるフランスの生化学者・細菌学者。

自分がおもいきり文系人間なので理系の世界は初歩的なことから理解できてませんが、「菌」は不思議、怖い…。

パスツールの研究と功績によって今の自分、人類がどれだけその恩恵を受けていることか。

BcnERF3IRdqI1nvOBYrSQQ.jpg

そんな白いパスツール坐像は、パリ7区と15区にまたがるようにあるPlace de Breteuil(ブルトゥイユ広場)に。

今回の目的はこの広場近くにあるパティスリー“Mori Yoshisa”(モリ ヨシダ)

Tu9dB7j+RgmP%h7M7G6LmQ.jpg

日本人パティシエ吉田守秀さんのお店です。

これまで何度もいただく機会はあったものの、プレゼントやお持たせでいずれもいただきもの。

(関連ブログ→ https://madamefigaro.jp/paris/blog/keico/mori-yoshida.html

IMG_6546.jpg

こうしてお店に伺うのは実は初めて☆

IMG_6547.jpg

すっきりミニマムモダンな店内。

入って左手のショーケースにケーキやマカロンが並んでいました。

IMG_6542.jpg

まずは、これ!

AAご夫妻と美味しく食べた思い出もあるスペシャリテなチョコレートケーキ“M”。

見るからに滑らかで艶っと光る姿が美しい。

IMG_6558.jpg

なのに、、不器用者なので箱から取り出す際に案の定、正面左上を少しこすってしまいチョコレートが剥がれてしまったことが残念…。

久しぶりにいただくMは、心もとろける美味しさ♡

ヘーゼルナッツの生地にメープルシロップを使ったムース、ミルクチョコレートのムース、マンダリンのコンフィチュールが層になり濃厚ミルクチョコでコーティング、トップのヘーゼルナッツがアクセント。

IMG_6557.jpg

シュー菓子も食べたい気分だったので、Paris-Brest(パリブレスト)。

レモンフレーバーのクリームが濃厚なのに初夏らしい爽やかさ☆

IMG_6554.jpg

今回初めていただいてファンになってしまったのが、紅茶が香る“Beige”(ベージュ)というケーキ。

IMG_6556.jpg

断面もじっくり観察し、その構造を思わずチェック。

底にはカカオのサブレ、その上にプラリネ、オレンジフレーバーのガナッシュ、アールグレイとライムのムース。(あくまで私の感じた範囲ですが…)

fullsizeoutput_2455.jpg

これは今後リピート確実な私好みなケーキ。

ようやくお店の場所も把握したので、次回はヴィエノワズリー狙いで伺いたいと思います。

☆Belle et Bonne Blogも絶賛更新中☆
<info>
Mori Yoshida(モリ ヨシダ)
65 Avenue de Breteuil, 75007 Paris
01 47 34 29 74
 

KEICO

新潟県の旅館に生まれるも女将にならず、上京、進学、就職、まさかの出逢いと結婚。 約10年間のOL生活の後、2004年渡仏。 現在は夫と共にパリ・東京を行ったり来たりな生活中☆

そんな毎日からのグルメ・ファッション・カルチャー・バカンスなどの話題を中心にブログ更新致します。

ARCHIVE

MONTHLY

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。