Comme d'habitude 〜パリ・東京行ったり来たりblog〜

Eatalyのお気に入り☆Vol.4

☆Eataly@パリのお気に入りシリーズ☆

(関連記事→ https://madamefigaro.jp/paris/blog/keico/eatalyvol3.html

我が家では、お米よりもパンよりも消費量の高いパスタなので、勿論パリ生活中もパスタ調達は必須業務、日々のルーティンワーク!?

中でもやはり『Eataly』(イータリー)で探す、パスタショッピングが楽しい。

IMG_5988 copy.jpg

パスタコーナーを見ているだけで30分ぐらい余裕で過ごせる...♡

IMG_3652 copy.jpg

生パスタも充実。

(これは美味しかった、これお気に入り!そんな話はまたそのうち)

IMG_5966 copy.jpg

今日は乾麺ネタで。

IMG_3654 copy.jpg

プーリア州の郷土パスタOrecchiette(オレキエッテ)もBuonoだよね〜など呟きながらのパスタ選び。

IMG_5986 copy.jpg

イタリアも地方色が豊かなので、その土地ごとの名物郷土パスタは知るほどに、食べるほどに興味深いです。

IMG_5964 copy.jpg

パスタが美味しくても、ソースが美味しくても、二つの相性が良くないとお互いの美味しさが半減。

どんなパスタを、どんなソースでいただくか考えるのが面白く、醍醐味であーる。

イタリアワインの王様「バローロ」を練り込んだ、紙のように平たいパスタにはどんなソースが合うかな?!

IMG_5965 copy.jpg

トスカーナ名物の「Pici」(ピチ)発見。

初めて食べたのはシエナの街で、以来大好物なのですが、これまでいただくのは専らレストランでの手打ち生パスタ。

乾麺を見つけたのは初めて。

IMG_1592 copy.jpg

乾麺のピチってどんな感じ?と買ってみました。

驚いたのは、その茹で時間。

20〜25分と書かれてあり、一般的なロングパスタの茹で時間と比べてかなり長め。

IMG_1594 copy.jpg指示通り20分茹で、アンチョビを効かせたトレビス&ベーコンパスタを作りました。

お〜、本当にピチ!真ん丸モチモチ太麺な大好きなパスタ。

自宅でピチがいただけるとは嬉しく、これは今後もリピ確定☆

IMG_1595 copy.jpg

フジッリかな?と思いきや、それよりももっと緩いひねりの「eliche」(エリーケ)なるショートパスタも初トライ。

IMG_5994 copy.jpgこのFelicetti MONOGRANO(フェッリチェッティモノグラーノ)社のパスタは、どれも美味しいのですが、このエリーケも然りでした。

Mattシリ-ズはイタリア国産小麦使用で、夏の干草、乾燥ココナッツのような香りがするのが特徴だそう。

ルッコラ&生ハムでいただきました。

IMG_6416 copy.jpg

こちらも自宅でいただくのは、初めてのショートパスタ「Giglio」(ジーッリ)

「Giglio」(ジーッリ)は、giglioの複数形で「百合」という意味。

IMG_3413 copy.jpg

ちょっと調べてみると、campanelle(カンパネッレ=小さな鐘)と呼ばれていたりで、いくつかの呼び名があるようです。

取り出してみると、名前のままにユリの花を思わせる細長くラッパ、ネジのような形。

IMG_3415 copy.jpg

トスカーナ発のパスタと知ると、フィレンツェの街のシンボルがユリですからイメージが重なります。

そんなユリパスタで、レモンホタテパスタ。

IMG_3417 copy.jpg

筒状で、捻りがあるのでソースが絡む絡む。

またパスタの上と下、ユリで見て花弁と花床にあたる部分の厚さが異なるので、1粒のパスタの中に異なる食感が存在する面白いパスタ。

IMG_3418 copy.jpg

まだまだ知らないパスタはたくさん!

そんなパスタを求めて訪れているEataly@パリ。

あ〜でもやはり本場イタリアに行きたい...な気持ちになるイータリーです。

<info>
Eataly(イータリー)パリ店
37, rue Sainte-Croix de la Bretonnerie 75004 Paris
https://eataly.fr
 
*****おまけのオーストリア*****

11月になってからオーストリアの友人から続々とゲレンデ情報が届いています。

IMG_1685 copy.jpg

K「えーー、これいつ?昨シーズンの話?」

夫「今年だよ!3日前だって」

K「もうこんなに降ってるの...」

夫「早く行きたいよな〜!!」

K「・・・。」

(私の心の準備はまだできていない)

IMG_1684 copy.jpg

KEICO

新潟県の旅館に生まれるも女将にならず、上京、進学、就職、まさかの出逢いと結婚。
約10年間のOL生活の後、2004年渡仏。
現在は夫と共にパリ・東京を行ったり来たりな生活中☆


そんな毎日からのグルメ・ファッション・カルチャー・バカンスなどの話題を中心にブログ更新致します。

ARCHIVE

MONTHLY

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories