Comme d'habitude 〜パリ・東京行ったり来たりblog〜

Cuisson de la Viande☆

ドーン!と美味しそうな肉塊、オーストラリアのグラスフェッドビーフが手に入りました。

IMG_3794.jpg肉料理、それはcuisson(キュイソン=火入れ)が命と言っても過言ではないかも?!

どんなに素材が良くても焼き過ぎ、またはあまりにも生々しいと美味しさが半減してしまう。

そんな火入れ、私はとても苦手です…。

すっかり我が家では大胆な肉料理は夫の仕事になりました。

そんな彼がバイブルにしているのが、大好きなフレンチレストランFlorilege”(フロリレージュ)川手寛康シェフの『肉の火入れ フランス料理のテクニック Cuisson de la Viande』という本。

(関連記事→ https://madamefigaro.jp/paris/blog/keico/post-1186.html

cmIyUbYDSQ+viEeLWJe9gg.jpg

牛肉、豚肉、羊肉、家禽、ジビエのカテゴリーごとに詳しい説明と画像とともに焼き方解説された一冊。

MMTgjjtsTx2ntP93riCOYQ.jpg

今回は、赤牛のロースト焼き方を参考にトライ。

その工程ポイントをざっくり説明すると、

①お肉を常温に、②脂を取り除く ③バターを薄く塗る ④フライパン中火でリソレ、

h9gqGNXPQzan6Pgo28Xcow.jpg

⑤オーブン240度で5分

(どうでもいいことですが、このAEGのオーブンはとても優秀。焼きムラなく、どんな料理もワンランク美味しくできる気がしてます)

fullsizeoutput_44f8.jpg

⑥余熱で5分

jpY7wKcPQPiijPDZ2CP9YQ.jpg

⑦オーブン240度で5分

⑧余熱で5分

余熱での火入れやお肉を網パッドに寝かせず立てるなど、それまで私は知らないことが色々で傍らで観察していて面白かったです。

こうして焼きあがったお肉をしばらく休ませている間に、

IMG_3807.jpg

ソムリエール・ケーコは、ワインの抜栓。

お肉の香りをあてに一杯♬

このブログでは、何度か登場しているカリフォルニアのGeoris Estate(ジオリス ・エステート)のClos des Moutons(クロ・デ・ムートン)2004。

(関連記事→ https://madamefigaro.jp/paris/blog/keico/pate-de-campagne.html

残り2本となりました。

BSUACliqS1W0vTR8REQSfA.jpg

そして食べ時を迎えたお肉。

IMG_3809.jpg

シンプルに塩胡椒のみでいただく。

途中で味変にマスタードを。

IMG_3810.jpgK「火入れパーフェクト!!」

夫「さすが俺♡」

K「いやいや、川手さんレシピと優秀オーブンのお陰だから」

端っこ肉でちょっと火が入り過ぎ風に写ってしまいましたが、そのキュイソンは今まで自宅で食べてきたお肉としては別物。

火が入っているのに生ではなく、レアっぽいのに火はちゃんと入っている、この絶妙な感じはさすが川手シェフレシピ!

IMG_3811.jpg

夫には肉担当としてこのバイブルを片手に他にも色々なお肉で焼き方を研究をしてもらいたいと思います。

Oal%08HyQJeNRNLYR%7kfA.jpg***********

パリの1枚。

マロニエやプラタナスがモリモリに茂る季節が待ち遠しいですね〜。

IMG_3450.jpg

KEICO

新潟県の旅館に生まれるも女将にならず、上京、進学、就職、まさかの出逢いと結婚。
約10年間のOL生活の後、2004年渡仏。
現在は夫と共にパリ・東京を行ったり来たりな生活中☆


そんな毎日からのグルメ・ファッション・カルチャー・バカンスなどの話題を中心にブログ更新致します。

ARCHIVE

MONTHLY

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。