Comme d'habitude 〜パリ・東京行ったり来たりblog〜

LUPINとNightcap☆

海外ドラマは、ベッドの中からの鑑賞がすっかりクセに!?

先日PART1(シーズン1)を見終わったのは、フランス本国でも人気と聞いていた「Netflix」(ネットフリックス)配信のオリジナルドラマ『Lupin』(ルパン)

3Jc1UI%PTLqLrsCf6AEvTg.jpg

セネガル移民の息子として育ったアサン・デュオプが怪盗紳士アルセーヌ・ルパンから着想を得て華麗に軽快に強盗を働く中で理不尽な社会と父を陥れた裕福な一家に報復する犯罪サスペンス、実写版ルパン。

主人公アサンを演じるのは、映画「最強のふたり」のOmar Sy(オマール・シー)。

これまでのルパンのイメージを覆すキャスティングに驚きながら見始めると、そこはとても意味深長。

移民の主人公がパリで育つ中でフランスの階級、格差社会や移民問題などに直面し、そこがサラリとリアルに描かれています。

そしてその盗みの手口は、なんともルパンっぽくスマート。

98vGrYgjSOSG+vRiTz9NpA.jpg

ネタバレなあらすじは割愛ですが、メインテーマは、その昔マリー・アントワネットの首飾りを盗んだという濡れ衣をきせられて自殺した父親の敵討ち、父親を陥れた裕福な一家への報復で、そのために怪盗ルパンオタクのアサンが奔走、暗躍するお話です。

1話完結で、パート1は全5話。

え、ここで終わり〜。早く続きが観たい!状態です。

それからこのドラマの更なる魅力は、パリの街が満載なこと。

ここね!と思うシーンの連続で、パリ好き、パリロスな方にはたまらないかも♡

そのシーンがとても日常的というか、ドラマチック過ぎないところがまたリアル。

vrD7JF+MR5KxJBHf+ouu%Q.jpg

パート1の最終話では、ノルマンディー地方のエトルタが登場。

AAご夫妻と行ったことを思い出しました!

(関連記事→ https://madamefigaro.jp/paris/blog/keico/post-43.html

2vK%oaS8T9qP%mDeLYqWvQ.jpg

さて、そんなドラマのお供にナイトキャップ(週末限定)。

どうでもいいことですが、このキャスター付きワゴンはお気に入りインテリアアイテム。

1adZzTx3SUulHttK4IlF1g.jpg

ワゴンをベッド脇に持ってきて今夜の1杯を選ぶのが楽しい。

ホットブランデーミルク、ホットバタードラムなど体がじんわり温まって寝つきもバッチリ。

バシっ!!(頭にチョップ)

K「痛いなもーーッ!!何すんだよ〜」

夫「一番いいところで寝るなっ!」

K「半分起きてるよ」

夫「今のセリフを言ってみろ」

K「Quoi?(What?)」

Q0YVIOybQMWaRN5kIArmhA.jpg

パート2の配信が待ち遠しい現代的でスタイリッシュなLUPIN(ルパン)です。

vQysCqifTauUIHfNr+SJew.jpg

**********

パリの1枚。

夜明け前の朝ランで撮った銅像が意図せず怪しく絵画的に撮れた。

OPBOqXQnR0G0il05sk3L+Q.jpg

 
<info>
Lupin/ルパン | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト
 

KEICO

新潟県の旅館に生まれるも女将にならず、上京、進学、就職、まさかの出逢いと結婚。
約10年間のOL生活の後、2004年渡仏。
現在は夫と共にパリ・東京を行ったり来たりな生活中☆


そんな毎日からのグルメ・ファッション・カルチャー・バカンスなどの話題を中心にブログ更新致します。

ARCHIVE

MONTHLY

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。