Comme d'habitude 〜パリ・東京行ったり来たりblog〜

定宿でリラックス☆

もちろん今回のスキーバカンス(という名のスキー合宿)の滞在はいつもの、アガサ・クリスティ小説の舞台のようなクラシックなホテル。

久しぶり〜!!と迎えてくれたホテルオーナー夫妻との会話が弾みました。

ホテル内の施設、部屋の構成は勝手知ったる我が家状態。

というわけで、このブログではお馴染みですが、3年ぶりなのでご案内気分で「どーぞこちらへ」。

お部屋前には、こんなベンチがありまして、

IMG_4945 copy.jpg

さぁ中へ。

IMG_5025 copy.jpg入って右手がウォークインクローゼット。

IMG_4918 copy.jpg左がバスルーム。

深め大きなバスタブで泡風呂タイムが楽しめる♬

IMG_4919 copy.jpgIMG_4920 copy.jpgお部屋は、手前がベッドコーナー。

IMG_5011 copy.jpg

奥にはソファ&テーブルセット。

IMG_4921 copy.jpg

ウェルカムお菓子。

IMG_4927 copy.jpg

そして窓からの眺めは、真ん中に川、左手がゲレンデ、右奥がアイスリンク。

IMG_4922 copy.jpg

IMG_5752 copy.jpg

でも1番の眺めは、お風呂から。

IMG_5119 copy.jpg

アンティークな箪笥ですが、中の仕切り棚も細かく案外使いやすいので小物を収納。

IMG_4924 copy.jpgこちらのデスクでブログ更新中。

IMG_4925 copy.jpgこのホテルは冬期のみ営業、家族経営の5スターホテルです。

宿泊は1週間からのパッケージプラン(朝昼晩とフルボード付き)なので、週末だけとか2、3泊利用というのは基本的にはできません。

最も多いのが10日間ステイ、ヨーロッパ圏外など時差のある遠方から来る方は2週間ぐらいが多いそう。

中には1ヶ月滞在する方もいらして、それはあの方!なお話はまた後日。

(以下の画像はホテル内の片隅を撮影)

(階段や廊下にはこの地方のアンティークな家具やオブジェ、絵が飾られて)

IMG_4943 copy.jpgホリデーシーズンも終わった今、1〜2週間も休暇をとってスキーを楽しむ人たち、その客層は、まずはリタイアした悠々自適なシニア世代。

「悠々自適」という言葉は、まさにこの人達だ!と感じる、絵に描いたような「悠悠」「優遊」「優游」な余裕ぶりのシニアたちです。

そんなシニア以外は、自分で比較的お休み等をコントロールできる会社経営者、資産家の皆さんといった感じ。

そして同じ時期に同じ顔ぶれが集まるのです。

(小さな村で花屋さんもないのにホテルの中はあちこちにお花が飾れてます)

IMG_5024 copy.jpg

そんな場所とは全く知らずに10年前に私達は飛び込んだのでした。

初めて来た年に30年ここでスキーバカンスを過ごしているというマダムに会い、

「10年過ごしてやっと1ゲストとして認識されるぐらいよ」と言われたことを思い出しました。。

(初めて会った時は、やんちゃ盛りで元気なボーイだったホテルの看板犬フェリックスもすっかりおじいちゃん犬に…)

IMG_5750 copy.jpg

日中はスキーウェアやジャージ、SPA・プール・エステは部屋からバスローブ姿でOK。

すっかり私もすっぴんメガネでリラックスしてます。

IMG_5109 copy.jpg

ジャージと言えば、今回のスキー用にadidas(アディダス)ジャージを新調。

薄いピンクのコーディロイ、トップスはクロップド丈。

IMG_5014 copy.jpg

楽々ジャージ♬

IMG_4942 copy.jpgでもディナータイムが始まる頃、19時以降は皆さん着替えます。

厳密なドレスコードはないものの、ホテル利用ガイドラインにはエレガントカジュアルと明記。

カジュアルさの中にもエレガントさを忘れないように、と。

そのホテルオーナーの意向をゲストの皆さんはしっかり守っていることにも正直毎度驚いています。

IMG_4998 copy.jpg

世の中的にどんどんカジュアル傾向ですし、どんな場所にもジャージ&スニーカー(有名ブランド)で来る輩などがいると思うのですが、ここにはそういうゲストはいません。

リラックスしながらも、みんなで旧き佳き伝統を守り続ける伝統あるホテル☆

(ホテル入口&エントランス)

IMG_5139 copy.jpg

IMG_5140 copy.jpg

IMG_5016 copy.jpgというこちらのホテルで連日ぐっすり眠れてます。

To be continued☆

***おまけのパリ***

夫「またいい加減で怪しい日本食レストランができた?!」

K「違います…!あれは本格的手巻き寿司のレストランです」

IMG_2222 copy.jpg

昨年秋のオープン以降、昼時にお店前を通ると行列の『Hando Parisian Handroll』です。

KEICO

新潟県の旅館に生まれるも女将にならず、上京、進学、就職、まさかの出逢いと結婚。
約10年間のOL生活の後、2004年渡仏。
現在は夫と共にパリ・東京を行ったり来たりな生活中☆


そんな毎日からのグルメ・ファッション・カルチャー・バカンスなどの話題を中心にブログ更新致します。

ARCHIVE

MONTHLY

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories