パリで夢を見ている

BiodiversiTerre レピュブリック広場が草原に

6月2日から5日までフランス、パリのレピュブリック広場が草原に変身しました。

0.JPG

以前、シャンゼリゼ通りを草原に変えたこともある、フランスのナンシー出身のアーティスト、ガッド・ヴェイユ(Gad Weil)により実現された植物をモチーフにした作品です。

3.JPG

4.JPG

「BiodiversiTerre」と題されたイベントは、パリで生活する人々や観光客に環境問題の重要性に関心を高め、責任感を持たせるため、芸術と遊びの両方でプロジェクトに着手しました。

Gad Weilにより考案された巨大な植物と人間の作品を通して、「BiodiversiTerre」は、環境保護のための責任を理解してもらうよう呼びかけています。

1.JPG

会場は、老若男女が足を止め、楽しんでいました。特に人気があったのは、間近でうさぎや牛といった動物たちを見ることができるコーナーでした。

2.JPG

5.JPG

9.JPG

それ以外にも、生態学の問題や、生物の多様性やついて理解する為のクイズブースありました。

ワインの試飲、「リサイクル」について学べる子供向けのワークショップなど開かれていました。これらに共通しているテーマは、リサイクル、エネルギー、水、都市農業についてです。

15.JPG

ワインの試飲コーナー

11.JPG

子供達に牛の生態について説明するワークショップ

20.JPG

プラスチックの紐を使って花を作るワークショップ。

23.JPG

大人も参加できるクイズコーナー。

18.JPG

問題。

「私はパッケージングとラベリングの管理を担当しています。 サプライヤーと運送業者と関わりがあります。 私はサプライチェーン全体を設計したり調整し、製品の保管場所を設定します。私は誰でしょう?」

答え。

「包装、梱包のストックマネージャー」

19.JPG

無料で参加することができる手軽さ、楽しめるブースを通して、環境問題について考える「きっかけ」をくれるイベントでした。

レピュブリュク広場は、訪れるたびに様々な催しがあり、その都度フランスという国や文化、価値観に触れることができます。

22.JPG

14.JPG

 

 

矢内 美春

東京工芸大学芸術学部写真学科卒業後、渡仏。
レンヌ美術学校(École européenne supérieure d’art de Bretagne)のアート科に編入し、写真・絵画・陶芸を用いて作品制作をする。同校にてDNAP(フランス国家造形芸術免状)を取得後は、IESA(Institut d’Études Supérieures des Arts)でアートマネージメントを学ぶ。東京(Misa Shin Gallery)やパリ(Galerie Taménaga)の画廊、アートフェア(ASIA NOW/パリフォト)で研修を受ける。

ARCHIVE

MONTHLY

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。