Blog

  • HOME
  • BLOG
  • 花で紡ぐパリの日常。
花で紡ぐパリの日常。

花で紡ぐパリの非日常

例年であれば、今頃はパリで、ファッションウィークを駆け抜けているころ。毎シーズン、ファッションウィーク中はパリに世界中からモードの関係者が集まり、「非日常」の日々が訪れます。

201005_thumbnail_1.jpg

展示会の装花をしつつ、コレクションを見せていただいたり、デザイナーさんたちとお話しさせていただいたり。

熱量を身近に感じるからこそ毎回緊張もするけれど、彼らの創造力に触れて刺激をもらうのは、私にとってファッションウィークの大きな楽しみになっています。

201005_thumbnail_2.jpg

セーヌ川の中洲に位置するサン=ルイ島にある、ショールーム。既に何シーズンか装花を担当させていただいているのですが、仕事を無事に済ませ、左岸から右岸へ、橋を渡るときの安堵感と達成感、充実感は、何度繰り返しても初めてのように新鮮。

空はより青く、セーヌ川はより美しく、目に飛び込んでくるように感じます。

201005_thumbnail_3.jpg

日頃お世話になっているブランドのショーを見に行かせていただく機会もありますが、築き上げられた世界観に圧倒されると同時に、約15分のショーのために注ぎ込まれたであろう膨大な時間とエネルギーを想像すると、帰り道はいつも胸が熱くなりました。写真はアニエス・ベーのショーで。ラスト、アニエス御本人の登場に会場も沸き立ちました。御年77歳(当時)とのことでしたが、投げキッスしながら楽しそうにランウェイを闊歩する姿、格好良かったです。

201005_thumbnail_4.jpg

業種は違えど、花仕事も同じように、99パーセントは人目にも触れない、地道な裏方作業です。でもその積み重ねが、表に見えるたった1パーセントを輝かせるのだと、改めて背筋が伸びる思いがします。

201005_thumbnail_5.jpg

オートクチュールの展示会に花を届けるために、プラザ・アテネのスイートルームへ足を踏み入れることも。非日常と日常を行き来する賑やかな日々を駆け抜けながら、ファッションウィークはあっという間に過ぎてしまいます。

201005_thumbnail_6.jpg

今年は、オンラインでのプレゼンテーション中心へと大きく方向転換されました。この先も表現の方法は変わってゆくかもしれませんが、美しいクリエイションとその奥にみなぎる人々の熱量からは、いつも変わらず、刺激を受け続けています。

守屋百合香

フラワースタイリスト
パリのフローリストでの研修、インテリアショップ勤務を経て、独立。東京とパリを行き来しながら活動する。パリコレ装花をはじめとした空間装飾、撮影やショーピースのスタイリング、オンラインショップ、レッスン、コラム執筆などを行う。
Instagram:@maisonlouparis
www.maisonlouparis.com

ARCHIVE

MONTHLY

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。