バレエの新作『赤と黒』、リハーサル・フォト・ギャラリー。

211011_rouge-et-noir-01.jpg

photo:Svetlana Loboff/ Opéra national de Paris

10月16日からオペラ・ガルニエで始まるピエール・ラコット創作『赤と黒』。15日の28歳以下を対象にした有料公開ゲネプロを前に、リハーサルはますます熱気を帯びている。作品の内容についての記事の掲載以降に届いた、リハーサル写真をここに紹介しよう。エトワール4名が演じるジュリアン・ソレルと、彼をめぐるレーナル夫人、マティルド・ドゥ・ラ・モール、そしてエリザの3名の女性たち。主人公を踊るダンサー各自の個性、舞台をともに作りあげる組み合わせの妙ゆえに4配役それぞれの物語が楽しめる。パリが遠いいまの時代、写真を見ながらどんなステージになるかを想像してみるのも一興だろう。

ファーストキャストのマチュー・ガニオとアマンディーヌ・アルビッソン

211011_rouge-et-noir-02.jpg

優美さ、フェミニニティにますます輝くアマンディーヌ・アルビッソンがレーナル夫人を踊る。photo:Svetlana Loboff/ Opéra national de Paris

211011_rouge-et-noir-03.jpg

役者体験もしたマチュー・ガニオが立身出世欲に取り憑かれたジュリアン・ソレルをいかに解釈して踊るのかが注目される。この組み合わせの公演は10月16日、18日、21日、27日、30日。photos:Svetlana Loboff/ Opéra national de Paris

211011_rouge-et-noir-04.jpg

左: エリザ役のヴァランティーヌ・コラサント。 右: マティルドを嫉妬させるフェルヴァック元帥夫人役のエロイーズ・ブルドン。photos:Svetlana Loboff/ Opéra national de Paris

211011_rouge-et-noir-05.jpg

104名のダンサーが踊る2時間30分の大作『赤と黒』。photo:Svetlana Loboff/ Opéra national de Paris

---fadeinpager---

公開ゲネプロで踊るユーゴ・マルシャンとドロテ・ジルベール

211011_rouge-et-noir-06.jpg

前シーズン、オペラ・バスティーユで『ロミオとジュリエット』を踊ったふたり。演劇性の強い作品で定評のある組み合わせだ。公演は10月19日、23日、11月2日。photos:Svetlana Loboff/ Opéra national de Paris

 

マティルド・ドゥ・ラ・モール役のレオノール・ボラック、ビアンカ・スクダモア

211011_rouge-et-noir-07.jpg

左: ユーゴ・マルシャン×ドロテ・ジルベール組のマティルド・ドゥ・ラ・モール役はビアンカ・スクダモア。 右: ジェルマン・ルーヴェ×リュドミラ・パリエロ組ではレオノール・ボラック。photos:Svetlana Loboff/ Opéra national de Paris

レーナル夫人にはリュドミラ・パリエロ、オニール八菜も

211011_rouge-et-noir-08.jpg

左: リュドミラ・パリエロのジュリアン・ソレルはジェルマン・ルーヴェ。10月20日、24日、28日、11月4日。 右: オニール八菜はマチアス・エイマンと踊る。公演は10月29日、11月3日。photos:Svetlana Loboff/ Opéra national de Paris

Le Rouge et le Noir
Palais Garnier
公演:2021年10月16日〜11月4日
料金:10〜165ユーロ
www.operadeparis.fr

editing: Mariko Omura

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

Recommended

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories