朝から美食遺産 ほどよく食感の残る柿バターを、食パンと一緒に召し上がれ!

フィガロジャポン7月号から始まった、連載「朝から美食遺産」。フリーエディターの小長谷奈都子が、朝食のおかずに最適な逸品を、日本各地からご紹介。

柿の専門の柿バター

お土産でいただいて食べた時、なんだこれは!と驚いた。柿の優しい甘味とバターのコクが絶妙にマッチした、初めてのおいしさだったのだ。全国の地方新聞社が厳選したお取り寄せサイト「47CLUB」で「こんなのあるんだ!大賞2016」の最優秀賞を受賞したのも納得。奈良県産の完熟柿のペーストと少し硬さの残る柿の角切りを丁寧に煮詰め、国産バターを加えたもので、ほどよく残る食感がアクセントに。オススメは、厚めの食パンをこんがり焼き、柿バターをたっぷり塗った後に再度加熱する2度焼き。甘さ控えめに焼いたパンケーキにもよく合う。

210903-gourmet-heritage-for-the-morning-1.jpg

柿バター(150g)¥648

●問い合わせ先:
柿の専門 
tel:0747-34-0518
https://a-kaki.com
小長谷奈都子(エディター)
フィガロジャポン編集部を経て、結婚を機に、2012年より京都暮らしをスタート。フリーランスの編集者、時々女将。京都の美味と美意識に魅了される日々。

*「フィガロジャポン」2021年10月号より抜粋

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

Recommended

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories