緊急ママンスクール開催!ホテル隔離中のアクティビティ。

前回は、(日本からタイへ帰国する際の)14日間のホテル隔離生活を始めるまでを書きました。今回は、隔離中に私が実際やってみたアクティビティや発見を書いてみたいと思います。

211029-chico-01.jpg

長期間ホテルで隔離生活をされる方は(これから)決して多くはないと思いますし、アジアのさまざまな国がでもワクチン接種者の隔離条件が変更になったりしていますので、これから皆さんの役に立つ情報になるかどうかわかりませんが、もしご自宅で隔離をせざるを得なくなった方や、外に出られない天気の日、病後の子どもが登園できない時など、少しでも参考になったらいいなと思います。

隔離前から、親にとっても、子どもにとっても「ホラー」でしかないこのこの2週間をいったいどう過ごすべきか考えあぐねいていました。そして、ふと彼女たちが通っているスクールの時間割を思い出して、1週間のタイムスケジュールを組んで、プレスクールを開催しようと思いついたのです。

私のミーティングの時間は否応無しにTVタイムとなるので、それ以外の時間になるべくほかのアクティビティをしてもらうことを考えていました。またTVを観ている時間が長くなると、ここぞとばかりにTVを観せたい時にその効果を十二分に発揮することができません。(要は絶対的に静かにして欲しい時間ということ/笑)


211029-chico-03.jpg

日本語や、迷路、数字などのワークブック、折り紙、画用紙、色鉛筆、絵の具、筆、ハサミ、ノリ、便箋、本、シール、模造紙、大きな塗り絵。小さなキッチンセット、絵本も多めに持ち込みました。(トランクまるごとひとつは子どもの遊び道具用)

211029-chico-04.jpg

結果的には、スクールのように時間割通りに進めることはものすごく難しくて、幼稚園とかプレスクールってディシプリン(しつけ、ルール)を守らせるための先生のスキルが本当にすごいと実感。私のような「にわか先生」は、まず朝食を食べた後のムードで、クリエイティブムードなのか、スタディムードなのか、体を動かしたいムードなのか、やりたいことを見たり聞きいたりしながら朝のアクティビティの方向性を見つけていました。

(4歳なので)年齢的に、まだまだ勝手にやらせてみても、自主的にやってくれる訳ではなく、こちらがリードしたり、ガイドしたりすることも必要です。なので、私も「ながら」保育ではなく、しっかりと私自身が「スクール」をやるつもりで臨みました。そういう訳で、私の2週間の「ママンスクール」が始まりました。

---fadeinpager---

でも、私の気合いとは裏腹に、まったく計画通りには進まず(笑)。結局、自分が監督しようとするよりも、自分がどっぷり一緒に遊びに浸かりながら、ガイドすることで自分自身も楽しんでできました。これは私の性格なのでしょうが……。
「隔離」という独特な時間と空間では、

ー「閉ざされた部屋で目に入る景色が変わらない」
ー「その場にいる人間以外とリアルに会ってコミュニケーションを取らない」
ー「外に出ない」

この状況が自分にも子どもの心や行動にも及ぼす影響を、前もって予測できない、ということをしっかりと認知しておくことが大切です。ですから当然、いつもと同じようにはいかないことが多々あります。

どんなに準備しても、隔離が始まったら、もう流れに任せるしかありません。ですから観察しながら進めていきます。私たちの場合は、娘たちが同じ遊びを続けてやらない、ということがありました。見える風景が変わらないとアクティビティが飽きっぽくなるのかな?と思いました。なので、常に新しい遊びを提案し続ける、というのがかなりのチャレンジでした。新しい本やトイを隠し持っては来ていましたが、足りないくらいでした。また滞在中に3度も行うPCR検査が小さな子どもにとってものすごく苦痛なので、検査の後のリワード(ご褒美)を用意しておくと、がんばる動機付けになりやすいです。

211029-chico-05.jpg

また、こちらが疲弊した時、ヒステリックになっている時、「おかあさん、今日は調子が良くないから、そうされるとものすごく嫌だ」とか、「おかあさん、ホント疲れて出来ないからあなたたちがやって」とか、生活共同体として、お互いのそれぞれの存在に役割があるのだとわかってもらう。

私の意識が自分たち自身にすごい濃度で注がれていると感じていると、共同体としての生活が成立しやすかった気がします。これは年齢にもよるでしょうが……。
(もちろん、叱る時はしっかりと叱っていました)

211029-chico-06.jpg

---fadeinpager---

《遊び道具を持ち込む》

※お子さんのテンションがあがりそうなものを基準にするとベストです。

1)クリエイティブ系

絵の具を使ってのペインティングは、いつもやり慣れているだけあって、我が家では鉄板のアクティビティ。ホテルから、床に敷く新聞紙をもらうのを忘れずに!

211029-chico-07.jpg

塗り絵は、壁に貼れる大きなもの。「いつもと違う」ビッグサイズで気分がアガっていました。ほかにも、ちぎり絵やアクセサリー作りなど、難しすぎず、でも自分で作った充実感のある程よいレベルのものがいいと思いました。自分のネックレスだけじゃなく、ほかの人の分まで作る気になるほど、満足度が高かったです。

211029-chico-08.jpg

2)スタディ系

ワークブックを取り出すと、そのブックの持つ「ちゃんとした感」からか、娘たちがキリッと「ワークしてる私」を堪能しているような印象を受けました。長時間は無理ですが、気分に合わせて迷路、数字、ひらがなから選んでやっていました。

レベルがどう、とか、勉強させようというよりは、あくまでも本人がやりたくなるものをやらせる、というスタンス。(これも年齢によって、もっと勉強寄りだったりするかもですね)

211029-chico-09.jpg

絵本が大好きなふたりなので、絵本はかなり持ち込みました……が!何度も何度も読みたがる大好きな本にはまったく興味を示さず、友人が貸してくれた本や新しい本ばかり読みたがりました。隔離と同時にお披露目する新しい本をぜひ!

---fadeinpager---

3)エクササイズ系

ヨガは、YouTubeで子ども用のヨガコンテンツをピックアップ。 子どもが登場する方が集中するのものを選びましたが、このCosmic Kidsヨガもおすすめされる方が多かったです。
https://www.youtube.com/c/CosmicKidsYoga/featured

211029-chico-10.jpg

そして、いつも私のバレリーナストレッチのオンラインレッスンをお願いしている龍岡玲子先生に子どもと一緒にバレリーナストレッチのレッスンをお願いしました。数日前に、映画『フェリシーと夢のトゥシューズ』を観せていたこともあり、バレエのテンションが高め!でもパソコンの画面が小さいこともあり、集中力が短かめ……涙。

でも私にとってはとても有益で、特に肩周りのしなやかさとヒップアップ効果が素晴らしい!今後も定期的にお願いしていく予定です。ひとりで隔離予定のある方には、玲子先生のポジティブなエナジーで、身体だけでなく、ものすごい気持ちのリフレッシュになると思います。

211029-chico-11.jpg

そして、私のエクササイズためにリサーチしておいたダンスラーニングアプリ、STEEZYもすごくよかったです!たくさんの種類のダンスの中から自分のムードにあったダンスを選ぶことができます。またビギナー向けには簡単なステップなのに、ものすごく「ダンスしてる感」があって、満足度も高く、継続してやりたい!と思いました。

オンラインのラーニングは、基本TVの大画面の方が子どもの集中力が保ちやすいです。インターネットがそのまま使えるTVはベストチョイス! しかし私たちの部屋のTVは、HDMIケーブルでPCと接続して使いましたが、ウェブカメラの用意がなく、LIVEでのオンラインレッスンは、相互コミュニケーションが取れなかったのが残念でした。

---fadeinpager---

また、バンコク在住の友人が、日本語のアニメのDVDや絵本だけでなく、すべり台やディズニープリンセスのドレス、ほかにもかき氷マシーンに糸電話など、私以上にアイデアを駆使してホテルに差し入れをしてくれたおかげで、目新しい遊びの投下が可能になって本当に助かりました。差し入れの申し出は積極的に受けましょう!

211029-chico-12.jpg

ストーリー性を持って遊びながら学べる、私自身がやりながらかなり楽しめた遊びもいくつか。

211029-chico-13.jpg

プリンセスドレスが大当たりだったので、ソフィア・コッポラ監督『マリー・アントワネット』を一緒に観て、あの最高に素敵なドレスや靴、ヘアスタイルに感嘆し、ヴェルサイユ宮殿のリアルなお城のプリンセスの生活をディスカバー。ドレスに酔いしれて昼寝をして目覚めたころに、友人が差し入れてくれたとっても可愛いBOXに入ったパステルカラーのマカロンで、テラスでティーパーティを用意。まさに「Princess Tea Party」でした。

今回日本から持ってきたオーガニックコットンガーゼのタオルやガーゼケットの柔らかさに二人とも夢中で、毎晩それに包まって寝ていました。持ち込んできていた、エシカル協会の末吉さんの絵本、Are you ready? (じゅんびはいいかい?)を読み、従来の綿栽培とオーガニックコットンの栽培の違いを見せ、「どうしてあなたたちが大好きなコットンがこんなに柔らかくて気持ちが良いか」という話をしたら、初めて製造とモノの関係性がほんの少しだけ理解できたようでした。

211029-chico-14.jpg

SHIGETA主宰、ホリスティックビューティーコンサルタント。美しい肌と体を育むためには心身のバランスこそが不可欠と考え、長年フランスおよび日本にてビューティーメソッドを探求。その経験と実績をもとにバイタリティー・コーチング®を考案。現在は、パリのセレブリティやアーティストのためのパーソナルコーチとして活動するほか、大手化粧品会社や美容機器会社のコンサルティング及びブランドスポークスマンとしても活躍中。近著に『「リセットジュース」を始めよう~パリ美人のダイエット』(講談社刊)など、著書多数。ナチュラルでホリスティックなライフスタイルウェブマガジンSpring Stepの編集長も務める。

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

シティガイド
フィガロワインクラブ
Business with Attitude
編集部員のWish List!
BRAND SPECIAL
Ranking
Find More Stories