針ローラー+塗る針、ダブルの針美容でたるみを底上げ!

コロナ禍で人とおしゃべりする機会もめっきり減ってしまい、なんとなく口元がたるんでいる気がするライターK。エイジングコスメをあれこれ試すも、いまひとつ手応えを感じられずにいた矢先、「美容針」をメインにしたサロン、ギンザ ハリッチから画期的な商品が出たと聞き、試してみることに。

サロンでは、髪の毛より細い極細鍼を顔のツボに刺し、血行を促進して肌のハリを回復するのだが、自宅でも簡易的に針を体験できるようにと開発されたのが「ハリッチスキンローラー」だ。極細の突起物がついたローラーを肌の上で転がすことにより、皮膚表面に微細な傷をつけ、後に塗布する化粧品の浸透を高める効果があるという。

サロンのスタッフの方から説明を受け、さっそく顔の下から上へとローラーを動かしてみると、肌の表面にピリピリとした刺激を感じる。気になっていた口元は下から上へ、目元は目尻からこめかみ、頭皮へ向かってローラーを滑らせた。目元の血流は頭皮につながっているというので、頭皮にもロールオン。

210928-beauty-01.jpg

髪の毛よりも細い極細の突起物がついたローラーを肌の上で転がすことで、肌に刺激を与え、再生を促進。顔や首、頭皮にも使え、顔全体の血行を良くすることで老廃物が排出され、むくみを解消する。3~7日おきに使用。ハリッチスキンローラー ¥1,800

ローラーの後は、サロンが独自に開発したというクリーム「エルショット」を塗布する。このクリームは「塗る針」と呼ばれていて、海や淡水にすむ生物から抽出されたカイメンマツという針状の天然素材が入っている。目に見えないミクロな天然針が肌に適度な刺激を与えて、美容成分を届けるのだそう。シワを埋めるようにこれを塗り、軽くタッピング。するとまたもや肌にピリピリとした刺激が。

化粧品でこれほどの刺激を感じたことはないので、やや不安になり「この刺激はいつまで続くんでしょうか?」とおそるおそる尋ねると、天然の針成分は48〜72時間後に自然と排出されるという。最初に塗布した日は一日中、ピリピリとした刺激を感じたが、徐々に薄れていった。

ローラーは一週間に1回、クリームは朝晩2回使用する。1回の使用でうっすら現れていたほうれい線は目立たなくなり、たるみ気味だった目元もすっきりした印象に。肌の血行をよくして再生を促すため、シワだけでなく、毛穴の開きや乾燥、肌あれ、ニキビ、むくみにも効果的だという。最初はピリピリとした感触に少々不安を感じたが、いまでは美容成分が効いている証しと思えるようになった。肌の外と中からダブルの針効果で肌を活性化するユニークな美容法、次は横ジワが気になる首にもトライしてみよう。

---fadeinpager---

210928-beauty-02.jpg

天然の針成分が肌を刺激し、リフトアップ効果のある美容成分を浸透させる「エルショット」がバージョンアップして新発売。「エルショット プレミアムプラス」¥18,000

リフトケア成分が従来の4倍になった「エルショットプレミアムプラス」は9月29日(水)から10月5日(火)まで伊勢丹新宿店1階の伊勢丹LEAFにて先行発売される。その後、ギンザ ハリッチ各店と公式オンラインストアにて一般発売予定。

210928-beauty-03.jpg

コロナ禍で自律神経の不調を訴える人が急増している現在、サロンでは針と微弱電流によって全身の血行を促し、睡眠の質を高めることで美容効果を狙う。

●問い合わせ先
ハリッチtel.03-5524-0589(受付9:00〜21:00)
www.haricchi.jp

 

text: Junko Kubodera

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

Recommended

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories