とろっと柔らか食感、揚げナスとバジルの甘味噌和え。

揚げナスが大好きです。トロッとした柔らかな食感に加え、油でコーティングされた鮮やかなナスの紫色に目を奪われます。

今回は、ナスとバジルをさっと揚げて、甘味噌ダレを絡め、最後に砕いたクルミを散らしてみました。揚げることでコクも加わり、ご飯もお酒も進む一品になります。

バジルの代わりにシソでもおいしいですし、ピーマンやパプリカを加えても彩りよくいただけます。

aoumi-01-220406.jpg

★揚げナスとバジル・甘味噌ダレ和え★ 2人分

【材料】
ナス 350g
バジルの葉(小) 30枚
クルミ 7粒
塩 ひとつまみ
*揚げ油

A
味噌 大さじ2
砂糖 大さじ2
酒 大さじ2

【作り方】
1. タレを作る:Aの材料を小鍋に合わせ、中火にかける。全体を混ぜ合わせ、軽くとろみがついたら火を止める。
2. 切る:バジルの葉とナスを洗い、キッチンペパーで水気をしっかり取っておく。ナスを一口大に切る。
3. 揚げる:たっぷりの揚げ油を180度に熱しておく。バジルを入れ色鮮やかに揚がったら(約30秒)取り出しておく(バジルの水分が跳ねることがあるので十分注意してください)。ナスの皮を下にして入れる。途中で裏返しをしながら、2分ほど揚げていく。ナスに竹串を挿し、スッと通ったら取り出す。
4. 和える:ボウルに素揚げしたナスとバジル(バジルは飾り用に少し残しておく)、塩ひとつまみを入れて、軽く和える。1のタレ2/3量を加え全体を絡めていく。
5. お皿にこんもり盛り付ける。手で砕いたクルミ、飾り用のバジル、残りのタレを散らす。

【ポイント】
・ナスは、切ったらすぐに揚げてください。すぐに揚げない場合、10分ほど水にさらしてアクをとってください。
・ナスは、何回かに分けて少しずつ揚げるとカリッと仕上がります。一度に大量に揚げてしまうと油の温度が下がり、ベチャッとした仕上がりになってしまいます。

ホームパーティレシピ
一覧へ

Nao Aoumi
パーティ料理研究家
フランス独立記念日と同じ7月14日生まれ。「きっとフランスに縁があるのよ」と両親にいわれ続け、大学では仏語を専攻。フランス留学、仏系証券会社勤務、南仏でのレストラン研修‥と、フランスと関わる人生を歩む。2019よりボルドーを拠点に活動。各メディアにレシピを提供する傍ら、マルシェやワイナリー巡りなど、食の探求を欠かさない。ワインエキスパート、チーズプロフェッショナル資格取得。
BRUNCH : https://brunch-nao.amebaownd.com

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories