ワインのお供に、フェンネルとレモンの白ワイン煮。

日本でも手に入りやすくなってきたフェンネル(ウイキョウ)。以前住んでいた鎌倉の朝市にも、夏が近づくと、青々とした葉をワサワサと茂らせたフェンネルが並んでいたのを思い出します。

フェンネルは、アニスのような独特の甘苦い香りが特徴です。セロリにも似ているので、セロリをイメージし、スライスしてサラダに入れるだけでなく、炒めたり、スープに入れて火を通してもおいしい野菜です。

今回はフェンネルを、白ワイン、レモン、塩、水と合わせ、鍋で20分ほどコトコト煮てみました。さわやかさと程よい酸味が特徴なので、サーモン、魚介、生ハム、シンプルにソテーしたチキンやポークなどとの相性抜群です。夏に向けて、白ワインのお供にもぜひ作っていただけたらうれしいです。

---fadeinpager---

aoumi-01-220607.jpg

★フェンネルとレモンの白ワイン煮★

【材料】
フェンネル(ウイキョウ) 1株
無農薬レモン 1ケ
ハチミツ  小さじ1
エキストラバージンオリーブオイル 大さじ1

A
塩  小さじ1/2
白ワイン 100cc
水  150cc〜

【作り方】
1. 切る:フェンネルの茶色くなった硬い外皮や茎を取り除く。8等分のくし形に切り分ける。レモンを輪切りにする(レモンの種を取り除いておくこと)。
2. 煮る:鍋を用意する。鍋の上で1のレモンを軽く搾り、レモン果汁を鍋に入れてから、絞ったレモンも鍋に入れる。Aとフェンネルも鍋に入れる。クッキングシートをかぶせ中蓋をし、中火にかける。*フェンネルがほぼ浸るくらいまで水を加えること
3. 仕上げる:20分ほど煮たら竹串を通し、竹串がスッと通るくらいまで柔らかくなったら火を止める。最後にハチミツを加え、全体に溶かす。粗熱が取れたら、密閉容器に煮汁とフェンネルを一緒にし、冷蔵庫で冷やしておく。お皿に盛り付け、最後においしいエキストラバージンオリーブオイルをかける。

【ポイント】
つくってすぐでもおいしいですが、しっかり冷やしてからの方がさわやかさが増すと思います。

ホームパーティレシピ
一覧へ

Nao Aoumi
パーティ料理研究家
フランス独立記念日と同じ7月14日生まれ。「きっとフランスに縁があるのよ」と両親にいわれ続け、大学では仏語を専攻。フランス留学、仏系証券会社勤務、南仏でのレストラン研修‥と、フランスと関わる人生を歩む。2019よりボルドーを拠点に活動。各メディアにレシピを提供する傍ら、マルシェやワイナリー巡りなど、食の探求を欠かさない。ワインエキスパート、チーズプロフェッショナル資格取得。
BRUNCH : https://naoaoumi.wixsite.com/website-5

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

世界は愉快
フィガロワインクラブ
Business with Attitude
パリとバレエとオペラ座と
BRAND SPECIAL
Ranking
Find More Stories