クリエイターの言葉 作家性あふれるウェス・アンダーソン、最新作『アステロイド・シティ』への想いとは?

インタビュー 2023.09.09

俳優たちと一緒に、映画制作という旅をする。

ウェス・アンダーソン|映画監督

ウェス・アンダーソンは独自の世界観を構築し、作家性を自由に発揮できているという意味で、最も成功している監督だ。そうしたカリスマ性のある監督に俳優は憧れる。最新作『アステロイド・シティ』には、ジェイソン・シュワルツマンやティルダ・スウィントンなどの常連に加え、スカーレット・ヨハンソン、トム・ハンクス、マーゴット・ロビーといった主役級の約20名が顔を揃えた。第76回カンヌ国際映画祭で行われたワールドプレミアは壮観だった。

「私にとって映画制作の魅力のひとつは、間違いなく俳優たちと一緒に時間を過ごすことです。彼らとどんな感情の旅にでるのか。それを経験することこそ、私にとっての映画の醍醐味。撮影中は俳優たちと長いテーブルを囲んで、一緒に食事をとりますよ」

50年代のアメリカを舞台とした『アステロイド・シティ』にはさまざまなこだわりが詰め込まれており、ウェスの頭の中を覗くようでもある。今作で描かれるのは「ジュニア宇宙科学賞に輝いた5人の天才的な子どもとその家族が、架空の砂漠の街アステロイド・シティにやってくる」ところから始まる新作演劇の物語だ。そこにさらに、舞台演劇の裏側をテーマにしたテレビ番組についての物語が重なっていく。舞台、TV、映画という3つのメディアを使った、ウェス流のパフォーマンスアートへのラブレターでもあるようだ。

230901-creator-04.jpg
1955年、アメリカの南西部の街、アステロイド・シティ。隕石落下の跡地が観光名所のこの街に、ジュニア宇宙科学賞に輝いた5人の子どもとその家族が招待される。3週間前に妻を亡くしたオーギー(ジェイソン・シュワルツマン)も幼い3人の娘とやって来るが、映画スターでシングルマザーのミッジ(スカーレット・ヨハンソン)と恋に落ちて……。●『アステロイド・シティ』はTOHOシネマズ シャンテほか全国で9月1日より公開

---fadeinpager---

「僕にとって映画のスタートとは、脚本を書き始めることなのだけれど、今回はいくつかのアイデアがあった。まず、(共同脚本家の)ロマン・コッポラと私は、ジェイソン・シュワルツマンのために、彼がこれまでに演じたことのないような役を書きたかったんです。彼は私の初期作『天才マックスの世界』で主役を演じてくれた。あれから26年経ったわけだけれど、それでもジェイソンとの親密な付き合いをしています。50年代のニューヨークの劇場という設定にも興味がありました。ブロードウェイの黄金時代です。脚本はまさにパンデミック中に書いたのですが、アステロイド・シティという閉ざされた街の設定は、ロックダウンを経験していなければ生まれなかった。脚本はいつも白紙から始める即興のようなものだから、実生活の何かがトリガーとなって、いろいろなものが滲み出てくる。もちろんその後、推敲を何度も重ねて練り上げていきます」

コロナ禍の影響で、スペインのチンチョンの郊外に、50年代のアメリカの砂漠の街のセットを建てて撮影された。その隔離された環境が作品に好影響を与えているのは一目瞭然、パンデミックも味方につけるとはまさに無敵だ。秋には次作の撮影も始まる。

230825-creator-03.jpg

WES ANDERSON/ウェス・アンダーソン
1969年、テキサス州ヒューストン生まれ。96年に『アンソニーのハッピー・モーテル』で長編監督デビュー。『グランド・ブダペスト・ホテル』(2014年)が大ヒットし、アカデミー賞9部門にノミネート、ベルリン映画祭で審査員銀熊賞を受賞。

*「フィガロジャポン」2023年10月号より抜粋

text: Atsuko Tatsuta photography: Kazuko Wakayama

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

フィガロワインクラブ
Business with Attitude
パリとバレエとオペラ座と
世界は愉快

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories