美しい投資術 vol.21 つみたてNISAの見直しと、 ジュニアNISAを検討したい。

美しい投資術 2023.02.15

フィガロジャポン2021年7月号から連載「美しい投資術」をスタートした、個人投資家/資産運用アドバイザーの廣田里那さん。

iStock-1371904786.jpg
写真はイメージ。photography: Vuk Saric_iStock

すでにつみたてNISAや投資を始めている自営業の女性。第2子出産を控え、彼女の運用内容を見直すポイントとは? また、2023年末で廃止となるジュニアNISAは、いまからでも活用できるのでしょうか?


今月の資産相談

つみたてNISAの見直しと、ジュニアNISAを検討したい。

I子さん(31歳・既婚・子ども1人) 
自営業 年収 約300万円 貯金 約250万円

シングルマザーとして仕事と子育てを両立するため、6年前に会社員を辞めて独立。いちから勉強して、自営で海外の食品や美容アイテムを輸入する仕事を始めました。いまは再婚して近々第2子出産予定のため、仕事量は少し抑えています。以前から投資には興味があり、海外金融機関の投資信託や保険商品などで運用しています。つみたてNISAは3年前からスタート。ただ、商品は何となく決めてしまったので、見直したほうがいいのか悩み中です。また、長男(10歳)のジュニアNISAは申し込みだけした状態で、商品は購入していません。生まれてくる子も含めて、ジュニアNISAを活用するべきなのか気になっています。

1カ月の収支

収入 ▶ ¥250,000(手取り)/月 支出 ▶ 約 ¥106,000/月

230214-01.jpg

---fadeinpager---

つみたてNISAの見直しとジュニアNISAのご提案

2024年以降に制度改正されるつみたてNISAと、23年12月末廃止のジュニアNISA。制度の転換期なので、どうするべきか悩ましいですよね。つみたてNISAは、インデックスファンド(市場全体の値動きに連動した投資成果を目指す投資信託)を3種類購入されています。先進国株式と全米株式は、どちらも米国企業の銘柄をメインで構成。先進国株式にはヨーロッパも含まれており、地域分散できているのでこのままでOK。毎月の手数料も低くて、とても優秀なファンドですね。

気になるのは、構成比率が株式30%・債券70%の「楽天・インデックス・バランス・ファンド」。値動きが安定している債券の比率が高いためリスク分散はできていますが、まだ31歳ですので、より利益を狙えるファンドに変更しても良いかも。値動きは激しいですが、地域分散の観点から、将来的な成長を期待できる新興国株式のインデックスファンドへの変更も手だと思います。それからジュニアNISAは、せっかくの非課税枠なので活用をおすすめします。投資期限は23年末まで、かつ上限は年間80万円なので、学資保険代わりにお子さん2人分をご夫婦で分担して投資してみては。18歳までの運用を目標に、たとえば全世界の企業銘柄に分散投資できるファンドのように、長期運用でも手間がかからないものはいかがでしょうか。

230214-02.jpg

investment-400x400-profile-210525.jpg

廣田里那 LINA HIROTA
個人投資家/資産運用アドバイザー。1990年パリ生まれ。現地高校卒業後、お茶の水女子大学に進学し、東京に移住。日系商社に勤めた後、通訳、金融会社を経て、個人投資家に。instagram:@lina_saint.germain

※資産運用の相談者を募集中!

貯蓄や運用している資産について、お悩みや見直したいことがありましたらぜひご応募ください。収支全体のチェック、もしくは投資のみのご相談、どちらでもお受けいたします。応募はこちら

*「フィガロジャポン」2023年3月号より抜粋

text: Yoko Sueyoshi

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories