歴史ある建物で過ごすとっておきの時間、鎌倉の新スポット2選。

230217_IMG_4212c.jpg

優雅な気分にひたれる、MOKICHI KAMAKURAの店内。

鎌倉には常に新しいお店が続々とオープンしているが、その中でも今、話題の的となっているお店が2軒ある。どちらも古い建造物をリノベーションした空間が素晴らしく、非日常を感じつつ、居心地も良いのが特徴だ。早くもローカルから支持されている、長谷エリアの2軒を紹介する。

---fadeinpager---

時代を超えたモダン空間に憩う
01.MOKICHI KAMAKURA

230209_DSC00091.jpg

北鎌倉と大仏をつなぐハイキングコースの入り口にある、スクラッチタイル貼りのレトロモダンな建物。

鎌倉大仏から5分ほど坂をのぼっていくと、タイル張りの重厚な建物が見えてくる。ここは、「旧鎌倉加圧ポンプ所」として、鎌倉はもちろん葉山の御用邸にも水道水を供給してきた、歴史ある施設だ。この建物を保存し、6年の準備・改修期間を経てこの2月にMOKICHI KAMAKURAというレストランとして生まれかわった。

MOKICHIといえば、湘南では知らない人はいない茅ヶ崎の有名なレストラン。創業150年、湘南唯一の蔵元である熊澤酒造が経営している。そのMOKICHIが鎌倉にもできると聞いて、オープン以前から地元では話題となっていた。

プレオープン後は予約の電話もなかなかつながらないほど人気で、今まさに注目されているお店だ。

230209_DSC00115b.jpg

エントランス横の待合いスペースも贅沢なつくり。

230209_DSC00133bb.jpg

メインダイニングは60席、奥のフロアや2階の席なども合わせると100席ほど。

エントランスから中に入ると、高い天井に大きな柱と梁、二階席へとあがる中央階段など、モダンな意匠に心を奪われる。

お子さま連れの方には、絵本棚や小さなキッズスペースが近くにある席が人気だそう。

料理は、フレンチ、イタリアン、和食などジャンルにとらわれないイノベーティブフュージョン。蔵元ならではの酒粕などの発酵食材を使った料理が特徴だ。また、お店の敷地内にあるハーブガーデンでは50〜60種類ほどのハーブを育てており、それをさまざまな料理に活用しているのだそう。

230209_DSC00156b.jpg

ランチコースの最初に出される「plant」。ランチコースは¥2980と¥5000の2種類(2月現在の限定価格)。

ランチはコース料理がメインだが、アラカルトも楽しめる。コースの前菜として出てくるのは、ハーブのプランターをイメージした一皿。ひよこ豆のフムスをベースに、ローストしたモルトやオリーブを土に見立て、根菜やフレッシュな葉野菜の上にバタフライチュイールがあしらわれており、お店のシグネチャー的存在だ。

アラカルトで提供されるピザは、全粒粉が多めのほかのMOKICHIとは違う配合だそう。店内の大きなピザ窯で焼かれ、もちもちしつつ、ふわっとした生地がたまらない。

クラフトビールの「湘南ビール」や日本酒の「天青」、クラフトジンの「白天狗」、ハーブドリンクといった、熊澤酒造オリジナルのドリンクも豊富に揃う。

2月からは不定期でディナーの営業も。昼と夜、どちらの雰囲気も味わってみたい。

MOKICHI KAMAKURA
神奈川県鎌倉市長谷4-6-12
tel.0467-33-4614(予約受付時間は9:30〜11:00、16:00〜18:00)
営)11:30〜15:00L.O.(プレオープン期間中。グランドオープンは4月)
休)火曜
Instagram:mokichi_kamakura

---fadeinpager---

合掌造りの古民家を舞台に、人とカルチャーが交わる
02. WITH KAMAKURA

230209_IMG_4247.jpg

築220年の、風格ある古民家。

鎌倉・長谷エリアの静かな住宅街にあらわれる、印象的なグリーンの三角屋根。岐阜県白川郷から移築された、合掌造りの古民家が佇んでいる。

太い梁や柱などはそのままに、かつての趣を残しながら現代的にリノベーション。カフェをはじめ、様々なことが体験できるスポットとしてこの1月にグランドオープンした。

クリエイティブディレクションはプロサーファーの中村竜氏、インテリアコーディネートは野村訓市らにより設立されたトリップスターが手がけた。歴史を感じつつ、洗練された内装で、今の鎌倉の空気感が味わえる空間となっている。

230209_DSC00159.jpg

太い梁や柱はそのままに、すっきりとしたカフェ空間が広がる。庭には、現代美術家・栗林隆氏が手掛けた、体験できるアート「Stump 001 Kamakura」が設置されている(予約制)。

のれんをくぐって扉を開けると、1階には大きなガラス窓から庭を眺められるカフェが広がる。手前にはポップアップショップのスペースがあり、奥にはギャラリーも併設。2月28日までは横山泰介氏の写真展「グランブルー」が開催中だ。

230209_DSC00196b.jpg

カウンターには七里ヶ浜の人気店パシフィック ベーカリーのパンが並ぶ。

230209_DSC00215B.jpg

Bullet Coffee〈Coconut〉¥650、ブルーベリークリームチーズスコーン¥400

カフェではコーヒーはもちろん、サンシャインジュースのスムージーやヨロッコビールのクラフトビール、上ノ国ワイナリーのワインなど、セレクトされた様々なドリンクを用意。

おすすめは、サンライズシャックのBullet Coffee 。MCTオイルが入ったコーヒーで、ほどよい甘みがあり、サーファーが朝食代わりにする人気のメニューだそう。毎月第4水曜日には、鎌倉ローカルに愛される鵠沼海岸の蕎麦屋「ちくあん」のランチも登場!

同じく1階にあるポップアップショップでは、2月現在アパレルブランドMAGIC NUMBERの販売を行っている。今後は、kiiraの「kiira 23S/S POPUP STORE」が2023年3月18日~4月16日まで、Florentの「Florent relax popup store」が5月1日~31日まで開催予定。

230209_1675314301823c.jpg

ヨガを行う3階フロア。窓からは御霊神社や長谷寺も眺められる。photography: with

貸しスペースとして利用できるのもWITH KAMAKURAの特徴。1階は料理教室などにも使えるレンタルキッチン、2階はコワーキングスペースや貸し会議室としての利用が可能。もちろんWi-Fiや電源も完備されている。

3階は合掌造りの屋根を活かした空間で、ヨガが体験できる。湘南ビーチヨガとコラボしたプログラムを平日午前中は毎日開催している。

カフェを訪れた日にも、お店の人とお客さん、ヨガのレッスンを受けた人同士など、自然とコミュニケーションが生まれる場面をいくつも目にした。人が集い、アートやヨガなどの体験を通じていつの間にかつながりが広がる場所…。海も近いので、海岸へお散歩がてら、気軽に足を運んでみて。

WITH KAMAKURA
神奈川県鎌倉市坂ノ下3-7
tel.0467-33-5521
営)9:00〜18:00
休)なし(※月により不定期で休業日があるため、インスタでご確認を)
https://with-project.jp/

text&photography: Mayumi Hasegawa

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

シティガイド
フィガロワインクラブ
Business with Attitude
編集部員のWish List!
BRAND SPECIAL
Ranking
Find More Stories