スタイリスト飯島朋子の10年後も愛用したいサンローランのコート。

自分のスタイルを大切にするスタイリストやエディターなどファッションのプロに、いまも愛用し10年後もきっと好きなものを聞きました。エターナルかつ自分らしいスタイルを作る上で欠かせないものとは?
今回はスタイリスト飯島朋子さんの、10年後も愛せる名品をご紹介。

スタイリスト・飯島朋子さん
▶︎▶︎サンローランのダッフルコート240123-loved01.jpg

アウター好きで知られるスタイリストの飯島朋子さんが、10年後も好きなものとして選んだのがサンローランのダッフルコート。エディ・スリマン時代のサンローランのアイテムで、10年以上前に購入したそう。

「ダッフルコートは自分には似合わないと思っていましたが、羽織ってみるとベーシックながらシャープなフォルムが気に入って購入しました」。特に好きなポイントは、さりげなくブランドネームが配されたトグルボタンとシルエットがスマートなところです。

洗練されたタイムレスなデザインということもあり、購入から10年以上経ったいまもなお、年に何回かは必ず着ています。

普段はワイドパンツに合わせたコーディネートが多いという飯島さん。いまから10年後はどのように着こなしていたいですか?という質問に対し、「あまり変わらないスタイルを10年後もしていたい」と語ってくれた。

飯島朋子/TOMOKO IIJIMA
スタイリスト
神奈川県生まれ。2000年独立。
雑誌『madame FIGARO japon』『SPUR』『GINZA』など、数々のファッション誌や広告などで活躍中。
Instagram:@iijiytomokoiijima
Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

シティガイド
フィガロワインクラブ
Business with Attitude
編集部員のWish List!
BRAND SPECIAL
Ranking
Find More Stories