Parisienne file vol. 55 エマニュエル・ウーヴ/モデル兼コンサルタント スタイリングの仕上げに選ぶ、パリジェンヌのサングラス。

パリに暮らす、パリジェンヌのファッションやライフスタイルを紹介する連載「パリジェンヌファイル」。今月は、モデルやビューティブランドのコンサルタントとして活躍する、エマニュエル・ウーヴが登場。サングラスとヘアのバランスをチェック。

210810-parisienne-09.jpg

「昔からビジューは興味がなくて、母や祖母から受け継いだ品もあまり出番がないまま。フィアンセからの誕生日やノエルの贈り物もビジューではないものをリクエストするほどなの(笑)。その代わりにサングラスが大好きでアクセサリーのように毎日愛用しています。外出前のスタイリングの最後にその日の気分でどれをかけるか、チョイスするのが楽しいんです」
選んだサングラスによって、ヘアスタイルを変えたり、時には服を着替えたりと、エマのスタイリングに欠かせないメインアイテム。ヴィンテージの一点物から、ファッションブランドの新作、メガネ専門店のこだわりのデザインなど、20点くらいをコレクションしているそう。

---fadeinpager---

夏にヘビロテ、3つのサングラス。

210810-parisienne-10.jpg

トランスペアレントなフレームにブルーのグラデーショングラスのデザインは、偶然通りかかったパリ6区のメガネ専門店で購入。きっちりまとめたシニョンでシックなスタイリングに。

---fadeinpager---

210810-parisienne-11.jpg

ローズゴールドのメタルフレームにひと目惚れしたサングラスは、パリジェンヌに大人気のアイウエアブランド、Jimmy Fairly(ジミー・フェアリー)。さらりと髪をなびかせてハードな印象のメタルフレームをフェミニンに。
jimmyfairly.com

---fadeinpager---

210810-parisienne-12.jpg

ファッションブランドの中でも特にアイウエアに定評があるセリーヌの一点。「デザイン、機能性、付け心地、すべてが優秀」とエマニュエルがヘビロテしているデザイン。タイトなまとめ髪でモードな雰囲気に。

Emmanuelle Houv
1992年生まれ。ベルギーとの国境近い北フランスの街、リールで育つ。リセの時にスカウトされてモデルの世界へ。同時にパリに拠点を移し、ファッションブランドの広告や雑誌などで活躍中。1年前から韓国のコスメブランド、ブティジュールのフランスのアンバサダー兼コンサルティングを務めている。今年の冬にはフィアンセと一緒に、彼の出身地である南仏アルルに引越しをする予定。
@emmahouv
Hiroko Suzuki パリ在住のスタイリスト、ライター、ファッションコンサルタント。日本でスタイリストとしてキャリアをスタートし、渡仏。その後、長年にわたり「フィガロジャポン」をはじめ、さまざまなメディアでモードや旅などの最新情報を届ける。Instagram : @suzukichako

photography: Yusuke Kinaka, editing: Hiroko Suzuki

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

Recommended

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories